【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2010年12月21日

充血の原因と対処方法

コンタクトレンズトラブルの一番多い症状に充血がありますが、様々な理由が原因としてあり、まず自分の充血がどのコンタクトレンズトラブルに合致するか調べなくてはなりません。
眼科医などに専門医に診ていただくことが結果、最短で充血の原因を知ることができるケースがほとんどです。

目の病気

結膜炎や角膜上皮障害があると充血を起こします。また眼精疲労も充血の原因になります。コンタクトレンズの汚れなどが病気の原因となることも多いため、眼科で目の状態とコンタクトレンズの両方をチェックしてもらう必要があります。
体調不良でも充血しますが安易に自分で判断せず眼科を受診します。

コンタクトレンズが目にあっていない

ハードコンタクトレンズが目にきちんとフィットしていない場合、動きが悪くなって目にくっついた状態となり、角膜にレンズエッジの圧痕をつけて充血することがあります。
また、ハードコンタクトレンズのデザインが角膜と合っていないと、3時―9時ステイニングを起こし、水平方向の充血を起こすこともあります。3時―9時ステイニングはハードコンタクトレンズが水を通さないことが原因となって起きることもあり、そのような場合にはソフトコンタクトレンズに変更しないと充血が治りません。

ケア用品があっていない

中和が必要なタイプの消毒剤では、中和が不十分な時に充血が起きます。また、中和が不必要なタイプの消毒剤では、消毒剤がそのまま目に入るため、消毒剤の毒性や、消毒剤成分に対する過敏性が原因となった充血が起きることがあります。

コンタクトレンズのこすり洗いを怠ったことが原因で、消毒が不十分な場合にも充血が起きます。点状表層角膜症を生じているおそれもあるので、眼科を受診して充血の原因を明らかにするとともに、必要な治療を受けてください。

「充血をなくす」という目薬には血管収縮成分を含んだものがあります。このような目薬は、目への血液の循環を抑えるため血液不足になり、目薬が切れると反動で充血します。さらにこれを抑えるためにまた目薬をさす、という悪循環に陥ると充血が治りません。また、目に傷がある場合や眼精疲労でも、目への血液の循環が悪くなるため充血は治りにくくなってしまいます。

眼薬によるトラブル


市販の洗眼薬も、あまり頻繁に使用すると目の表面を守っている粘液や脂肪分を洗い流してしまい、さらに含有する防腐剤成分の毒性によって点状表層角膜症を生じることがあります。また、洗眼時に回りの皮膚の汚れが目に入り込んでくるなど、かえって目に悪い可能性があるので、頻繁な習慣的洗眼は好ましくありません。目薬は、防腐剤フリーの安全なものを選ぶます。→防腐剤の入っていない人工涙液型点眼剤ソフトサンティア



posted by コンタクトレンズトラブル at 21:08 | Comment(0) | コンタクトレンズのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトレンズ障害の主な原因一覧

コンタクトレンズ障害の主な原因


参考文献・引用元

あなたは大丈夫?
コンタクトレンズ障害

posted by コンタクトレンズトラブル at 09:06 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の主な原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使い捨てコンタクトレンズのトラブルについてのまとめ

使い捨てコンタクトレンズやコンタクトレンズのトラブルが急増しているため問題が発生しています。 眼科外来で緊急事態が急速に増えてしまっているのが現状です。 最近では処方箋なしでも購入できるネット通販が多数あるためトラブルに繋がるケースが多々あるようです。 手軽さ、簡便さというのはどうしても人間の注意力や抑止力を開放させてしまいます。 もう一度、使い捨てコンタクトレンズのトラブルについてしっかり確認し用法なども見直してほしいと思います。
使い捨てコンタクトレンズのトラブルの現状につてはこちら

角膜新生血管

コンタクトレンズを使用して角膜が酸素不足になると、角膜の周囲から中央に向けて血管が侵入してきます。これを角膜新生血管と呼びます。
角膜内に血管が侵入するということは、ハードコンタクトレンズではあまり見られません。
ハードコンタクトレンズよりソフトコンタクトレンズのほうが角膜を覆う面積が大きいためにこの状態が起こりやすく、特に酸素透過性が低いレンズを長時間装用することはよくありません。

角膜潰瘍

表面の皮がめくれ(角膜びらん)、角膜実質がむき出しになるだけでなく、角膜実質が傷んでいる状態です。
角膜上皮を越えて実質にまで深い傷ができている状態となります。
原因は感染、免疫反応、外傷や薬品などがありますが、角膜の病気としてはかなり重症で、すぐに治療を行います。

スマイルマークパターン

ソフトコンタクトレンズ装用者特有の角膜の傷です。角膜(黒目の表面)口の様に、弧状に細かい傷が集まった状態。
角膜(黒目)の上皮の点状の傷(点状表層角膜症)が、角膜を顔に例えると下方に、ニッコリ笑った「スマイルマーク」の口の形に似ているためにこのように呼ばれています。
高含水率のソフトコンタクトレンズを連続装用(眠っている時もはめたまま)したり、もともとドライアイの傾向がありながら、乾燥した場所で長時間コンタクトレンズを使用した場合に時々見られます。

角膜浸潤

1日使い捨てタイプなど、夜寝る前には、通常はずさなければならい終日装用タイプのコンタクトレンズをつけたまま眠り、そのまま次の日も使い続けると、角膜の呼吸を阻害するなどの理由で、目のトラブルを引き起こす危険性が高くなります。
コンタクトレンズトラブルを防ぐワンデーアキュビュー1日使い捨てタイプお得な格安品と商品情報

posted by コンタクトレンズトラブル at 09:05 | Comment(0) | 使い捨てコンタクトトラブル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトレンズ障害の予防一覧

コンタクトレンズ障害やコンタクトレンズトラブルを防ぐのは、日常生活でコンタクトレンズトラブルを防ぐための生活習慣を身につけてしまうことです。
ちょっとしたドライアイも目薬で対処できるものから重大な眼病が潜んでいるケースなど様々です。
使い始めでよくわからない場合には、トラブルが生じた際には眼科医を受診します。




参考文献・引用元
あなたは大丈夫?
コンタクトレンズ障害

タグ:眼障害
posted by コンタクトレンズトラブル at 09:02 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月20日

コンタクトレンズの消毒方法とそのメリットデメリット

コールド消毒

煮沸消毒と比較してレンズの影響が少なくレンズの寿命ものび、眼合併も少なくなっています。
巨大乳頭結膜炎、ドライアイには非常に効果が高くなっています。
しかし、消毒効果は煮沸消毒より劣ります。アカントアメーバに対しては効果がありません。消毒効果については、コールド消毒をする前にこすり洗いをし、レンズ表面の汚れを落とすとともに、付着している微生物の数を減らしてから消毒を行うことでデメリットを解消することができます。アカントアメーバに対しては自家製生理食塩水や水道水をすすぎや保護液として使用しないことが大前提です。コールド消毒には過酸化水素 を用いる消毒の方法と感化水素以外の薬品を使用する方法とがあります。

過酸化水素による消毒〕

コンセプトFとエーオーセプトがあります。過酸化水素によりレンズを消毒し、過酸化水素を中和後に使用します。レンズへの影響が少ない他のコールド消毒に比べて過敏症などの反応が少なく消毒効果が高いというメリットがあります。煮沸消毒より消毒効果が劣る、誤使用による眼障害、レンズに残った過酸化水素による眼刺激症状、中和操作必要、消毒効果が継続しないので装用前日に必ず消毒しなければならないといったデメリットがあります。使用方法を間違え過酸化水素をよく中和しないで装用した場合、角膜上皮障害、角膜浸潤、結膜充血などになりやすくなります。中和したにもかかわらず、痛み、充血などの眼刺激症状が起きる場合、中和剤で再度レンズをすすいで使用します。

〔過酸化水素以外による消毒〕

オプティーフリー、レニュー、コンプリート、アイネス、ビューティーなどがあります。これらは洗浄、すすぎ、消毒、保存をひとつの液で行えるMPS(マルチパーパス・ソリューション)です。メリットにはレンズへの影響が少ない、操作が簡単、洗浄効果(こすり洗い)がある。誤使用によるトラブルが少ない、などがあり、デメリットでは、煮沸消毒、過酸化水素消毒より消毒効果が劣る、消毒時間が長い、まれに過敏症が見られるなどがあります。コールド消毒では、レンズケース内の微生物汚染が問題になります。レンズケースを長期間使用していると、内側に細菌の膜などができ、この状態になるとコールド消毒のみで細菌を死滅させることが困難になります。これを防ぐにはレンズケースを毎日洗い、清潔にしてから乾燥させ3ヶ月に1度はレンズケースを新調します。

煮沸消毒のメリットデメリット・過酸化水素消毒のメリットデメリット一覧表

煮沸消毒のメリット煮沸消毒のデメリット
  • 優れた消毒効果(真菌、アカントアメーバに対する効果)
  • 安価
  • レンズケースの滅菌
  • 誤使用での眼組織への危険性が少ない
  • 過敏症が起こりにくい
  • ソフトコンタクトレンズへの影響
    (白濁、変形、コンタクトレンズ寿命の短縮)
  • 装用感の悪化
  • 眼合併症の増加
    巨大乳頭結膜炎
    角膜上皮障害
    角膜内皮障害
  • コンセントが必要
過酸化水素による消毒のメリット 過酸化水素による消毒のデメリット
  • MPSよりも高い消毒効果
  • MPSよりも低い過敏症の頻度
  • レンズの洗浄効果
  • レンズの黄変防止
  • 残存酵素クリーナーの中和
  • 誤使用におる眼合併症
  • 角膜上皮障害
    結膜充血
  • 残留過酸化水素
  • 中和後の消毒の持続性がない


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:29 | Comment(0) | 正しいケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。