売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年11月02日

コンタクトレンズを使用できないケース

コンタクトレンズは主に近視、乱視を矯正しますが、近視、乱視の人なら全ての人が誰でも使用できる。というわけではありません。
その人の目の状態によって決まります。装用することによって目が危険な状態に陥る場合は、コンタクトレンズ不適応と判断されます。

重症のドライアイ

ドライアイの目は涙の少ない状態になっています。涙が少ない・減少している状態ではコンタクトレンズのトラブルの頻度が高くなります。
軽症、中等症のドライアイなら人工涙液を点眼するなどして、コンタクトレンズの種類によってはコンタクトレンズを装用することもできますが、重症のドライアイのケースではどんな種類のコンタクトレンズでも目への影響が装用できません。

アレルギー性結膜炎

結膜炎が生じているときは、コンタクトレンズを装用すると炎症が悪化し、治りが遅くなるため装用は避けるべきです。
とくに症状が強いときは、コンタクトレンズの装用は厳禁です。装用してしまうと重症なトラブルを招きます。結膜炎の症状が治まってから適正なコンタクトレンズの選択をして処方します。結膜炎の症状が長引く場合、コンタクトレンズ不適応となります。

急性結膜炎

結膜炎が生じているときは、コンタクトレンズを装用すると炎症が悪化し治りが遅くなるので装用を避けるべきです。
とくに症状が強いときはコンタクトレンズの装用は厳禁です。が炎症が治まれば装用可能です。ただし角膜に障害が残っている場合は装用できないケースもあります。

コンタクトレンズ障害

障害の種類・程度にもよりますが障害が起こっている間は装用を中止します。障害が治まれば再発を防ぐ対策を講じた上で装用可能になります。
ただし、角膜に混濁が残っていたり、角膜内皮細胞が著しく 減少していたり、装用を続行するのが危険だと判断したときは、コンタクトレンズ不適応となります。

角膜知覚過敏

角膜の知覚が非常に過敏でソフトコンタクトレンズを装着しても異物感が強かったり痛みなどでどうしても装着・装用できない人もいます。ハードコンタクトレンズで異物感が継続する場合は、多くの処方に問題がるか?装用の仕方・手順に問題があります。ハードコンタクトレンズで適切な処方を受け、12〜14時間の装用を続ければ99%の人が問題なく装用できるようになります。
ハードコンタクトレンズの異物感が改善されないときは、コンタクトレンズに詳しい眼科医に相談したほうがいいでしょう。

低年齢(小学生以下)

最近、サッカーや野球をしたいという理由からコンタクトレンズを希望する小学生が増えています。しかし小学生の目にはどんなレンズでも負担が大きく装用はできるだけ避けるべきです。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:04 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。