売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年11月06日

使い捨てコンタクトレンズと頻回交換型コンタクトレンズ

便利な使い捨てソフトコンタクトレンズの装用者が増加しています。これには毎日使い捨てタイプと1週間連続装用使い捨てタイプとがあります。
毎日使い捨てタイプは古いレンズを廃棄し、毎朝新しいレンズに替えるため、汚れが蓄積することがなく変形・傷の心配もありません。眼障害が起こりにくいのも事実です。
連続装用タイプは使い捨てといっても昼も夜も1週間装用し続けるために
その間にレンズの汚れが蓄積したり、角膜への酸素供給が低下したりします。連続装用タイプの眼障害の発生率は従来型ソフトコンタクトレンズ(終日装用)よりも高いのです。

使い捨てコンタクトレンズはルールを厳守し、外したあとは捨て、再び使用することのないにすることが大切です。
毎日使い捨てタイプを装用し、まれに外れてしまったとき、レンズに最近がついたまま装用し、目の感染症を起こす人がいます。
また、「使い捨て」というだけあってもったいないからといって外したレンズを再び使用してしまう人がいます。
ソフトコンタクトレンズは装脱後は必ず消毒と洗浄が必要です。
使い捨てレンズを保存液に保存しただけで、次の日に装着して角膜潰瘍になってしまった人が多数いるのです。
使い捨てコンタクトレンズは再装用できるレンズとして設計されていません。耐久性に問題があるのです。取り外したりレンズケアにより破れたり、傷がついたりします。それを装用すれば眼障害の原因になります。日本で主に用いられている頻回交換レンズは2週間頻回交換ソフトコンタクトレンズです。終日装用と連続装用と終日装用できるレンズがあり、終日装用は朝つけて夜外し、外した後に必ずレンズケアを実施し翌朝から再びつけるというサイクルで装用し、2週間使用したら捨て、新品のレンズと交換するタイプです。連続装用では、1週間の連続装用のあと、一晩レンズを外し再び翌朝から1週間の連続装用を行います。
認可はされていますが、連続装用の危険性からそのような使い方をしている人はごくごく一部です。
頻回交換レンズは、毎日レンズケアをし、2週間ごとに新しいレンズに替えるのでレンズに汚れが蓄積しにくく、眼障害が起こりにくいのが特徴です。従来型ソフトコンタクトレンズに比べて年間費用は同等かあるいは安いのですが、安全性ははるかに高くなります。
使い捨てコンタクトレンズとして紹介されるケースがあり、結果、レンズケアを忘れてしまったり、いいかげん、または間違った装用方法をしている人が多くいます。
2週間しか使わないのレンズケアが簡単でも安全性は高いのですが、2週間の装用期間を守らない人が増えています。レンズケアがそのままだとレンズが汚れてしまいます。
レンズケアの方法を変更しても材質上、2週間を越えると非常に危険なものもあります。
2週間以上使用することで安全性が失われ眼障害が起こりやすくなる危険があります。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:31 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月04日

終日装用と連続装用

終日装用は朝つけて夜外すという装用方法で、ほとんどのコンタクトレンズがこのタイプです。装用時間はガス透過性ハードコンタクトレンズで12〜14時間、ソフトコンタクトレンズで10〜12時間が目安です。使い捨てレンズ以外は外した後に必ずレンズケア(ハードは洗浄、ソフトは洗浄と消毒)を行い、清潔なケースに保存し翌朝、つけるという使用方法になります。
終日装用レンズを長時間装用したり、就寝中も装用する、レンズケアをしないで装用するといった使い方をすると眼障害を起こします。
酔って外すのを忘れ、眠ってしまったが、一度間違ってつけたまま寝てしまったのに特に異常がなかったのでそれからつけたまま就寝する習慣がついてしまったという人は、意外に多いのです。
しかし自覚症状がなくても角膜は汚れたり、傷がついたりしています。
やがて傷が大きくなり症状が出現し眼障害に気づく。というケースも多発しています。

連続装用は起きているときも、寝ているときもコンタクトレンズをつけたままという方法です。
徹夜を頻繁にするので連続装用をする。というのは間違っています。
連続装用は16時間起きて、8時間眠るという規則正しい生活をしている人向けです。
24時間も起きていたら目の表面から涙がへってトラブルをまねきます。そのまま寝るときは外さないと重大なトラブルにつながります。
連続装用レンズにはガス透過性ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあります。いくら高DK値のガス透過性ハードコンタクトレンズであっても装用中は、裸眼に比べて角膜への酸素供給量が低く、角膜に負担がかかります。連続装用をすれば角膜が酸素不足に陥る危険性は高くなります。しかも酸素透過性が低く、角膜への酸素が不足しやすいソフトコンタクトレンズを連続装用すれば、角膜の傷が治ることができる時間がないというのも大きなリスクであり問題です。

つけたり外したりするのが面倒くさい、はずした後のレンズケアを忘れてしまう。といった理由で連続装用を希望する人もいますが連続装用といっても特殊な場合(白内障の手術をして水晶体を取り、コンタクトレンズを装用しているような場合)を連続装用できない人もいます。たとえ1週間連続装用使い捨てコンタクトレンズであっても、目の調子が悪ければ2日目でも連続装用を中止しなければ危険です。使い捨てレンズ以外は連続装用レンズでもはずした後はやはりレンズケアが必須です。



posted by コンタクトレンズトラブル at 18:26 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズには非ガス透過性とガス透過性レンズがあります。PMMAを材料とする非ガス透過性ハードコンタクトレンズは
  • 汚れにくい
  • 変形しにくい
  • 傷つきにくい
  • ケアが簡易
  • レンズ寿命が長い
といったメリットがあるものの酸素を通さないために角膜が酸素不足に陥りやすく、角膜上皮障害や角膜内皮障害が多発しています。

よく眼科医はこれを推奨しないと言われる種類です。
コンタクトレンズ障害やコンタクトレンズトラブルをよく知る医師は処方しないのですが、以前から使用していて調子がいいという理由でめがね店、コンタクトレンズ量販店で購入し装用を続けている人が多くいます。
1日も早くガス透過性のレンズに切り替えたほうがいいです。
ガス透過性ハードコンタクトレンズは最も安全性の高いコンタクトレンズです。角膜に障害が生じるとすぐに強い異物感や痛みなどの症状があらわれトラブルをいち早く発見することができます。酸素透過性もソフトコンタクトレンズに比べてずっと高くDK値が100を越すレンズ(ソフトのDK値は高くて60、通常10〜30)がいくつも発売されています。
DK値の高いレンズほど酸素をたくさん通し、角膜への酸素供給量も多くなりますが、汚れやすい、変形しやすい、寿命が短いというデメリットがありレンズが汚れてしまっては酸素を通す能力が低下し、角膜への酸素供給量も減少します。
ハードコンタクトレンズは初めて装用すると、使い始めの時期に限り異物感があります。しかし、処方が適切であれば、ある程度の時間、毎日確実に装用していると、装用感はよくなり最終的にはソフトコンタクトレンズよりもよくなります。
1日12時間以上を装用する人には適しています。
1日の装用時間が短い、つけたり外したりする人、ラグビー、柔道、など激しいスポーツをする人には不適です。

ソフトコンタクトレンズは最初から装用感がいいため使用する人が増えています。しかし目の痛みを抑える効果があるため装用中に角膜の傷が悪化し、気づかないうちに重症に至ってしまう危険性があります。
水を含むために汚れやすく、最近などの微生物もつきやすく、汚れたレンズを装用していると、角膜の傷に感染症が合併し重篤な眼障害を引き起こすリスクが高くなります。
低含水性レンズと高含水性レンズがあり、酸素透過性は高含水性レンズのほうが高いのですが、DK値の高いガス透過性ハードコンタクトレンズに比べると、酸素透過性ははるかに劣ります。
その低い酸素透過性に加えてサイズが大きく角膜をすっぽり覆っているために涙の流れも悪くなり角膜が酸素不足に陥りやすいのです。
非ガス透過性ハードコンタクトレンズと同様、角膜に十分な酸素を供給しているとはいえず、長期間装用すると角膜内皮障害が発生します。
1日12時間以内、週5〜6日の装用がベストです。
ソフトコンタクトレンズは洗浄だけでなく消毒が不可欠です。汚れたレンズの装用により角膜上皮障害や巨大乳頭結膜炎を起こすことが多く、適切な洗浄、消毒が必須です。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:54 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近視手術

メガネやコンタクトレンズの最大の弱点といえば、「外すと見えない」ということになります。連続装用のコンタクトレンズには、まだまだ様々な問題があります。仕事によっては一定以上の裸眼視力を求められる人もいます。メガネで職業上問題があったり、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されたい人たちの興味は、近視の手術です。欧米では、さかんに行われており、日本でも普及しつつあります。
現在、近視の手術の主流はレーザー光線です。レーザー光線を使用して角膜を薄く削る手術です。これにも角膜の表面にレーザー光線を照明して削るPRkと、角膜表層にメスでフラップ(ふた)を作りそのフラップをめくって角膜実質にレーザー光線を照射して削り、角膜上皮を元に戻すというれーシックがあります。PRKに比べてれーシックは術後の痛みがほとんどなく回復も早いことから急速に普及し、アメリカでは、多くのスポーツ選手、潜水夫、消防士、警察官、俳優などがこの手術を受けています。
ただし近視の手術を受けるのはある程度のリスクを承知した上で手術を受けなければなりません。PRKで感染を起こして角膜移植が必要だった症例、レーシックでフラップが翌日に消失していて視力が戻らなかった症例など、手術を受けたが失明同然の状態になったトラブルもあります。成功しても夜の視力が落ちたり、しばらくして角膜が変形したり、朗がで結局メガネが必要だったり、見え方に満足できずハードレンズを処方しなければならなかったりと様々なトラブルが発生します。
レーシックのフラップは年数を経ても接着が完全でないともいわれており術後に大きなトラブルが起こることもあります。
PRKもレーシックもメリットデメリットがあります。
近視の術後も、予想していた視力が出せずに加齢変化が生じたりして低矯正、過矯正によりコンタクトレンズが必要になる場合もあります。
こういうケースの場合、角膜が手術によって変形しているためフィッティングが非常に困難になります。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:14 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月02日

ドライアイ、眼アレルギーによる不適応

コンタクトレンズの向き、不向き、いわゆる適応、不適応、レンズの種類の適応、不適応を判断する上でもっとも深刻な問題はドライアイです。
ドライアイは目の表面(角膜・結膜)が乾燥して乾く病気で最近は非常に増えています。症状が個々によってそれぞれですが非常に多彩です。
原因も多岐にわたります。涙の基礎分泌の減少、目の表面が乾燥するまでの時間(涙液破壊時間)の短縮、涙の成分の異常、まばたきの異常、まぶたの異常なども原因になります。

加齢

涙は加齢とともに減少します。高齢になると「何となく目がゴロゴロする」といった症状が自然に増えます。これがまさにドライアイの症状のひとつです。

パソコン・ワープロ

パソコン・ワープロ作業によるドライアイが急激に増えています。原因はまばたきの回数の減少です。湿度の低い室内環境、仕事のストレス、過労、目の酷使などがドライアイを悪化させます。

コンタクトレンズ装用

コンタクトレンズの装用は、角膜知覚の低下と、角結膜の慢性的な炎症を引き起こします。そのためコンタクトレンズを長時間装用すると、多くの人がドライアイになります。ドライアイになると、コンタクトレンズの装用感が悪くなり、眼障害も発生しやすくなります。

血管収縮の入った目薬

市販の目薬の中に塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドラジンなどの血管収縮剤が入っているものがありますが、この目薬を長期間使用していると、充血がどんどん悪化し、慢性の結膜炎を起こしドライアイになってしまいます。

洗眼を行う

目の表面には涙と角膜を接着させるムチンという物質がありますが、洗眼によりムチンが洗い流され、ドライアイが悪化します。また水道水は浸透圧が涙とは異なり角膜上皮障害を引き起こします。洗眼剤などに含まれる防腐剤なども問題となっています。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:33 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。