売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年11月11日

フィッティングによる向き不向き

コンタクトレンズは涙の上に乗っていて、まばたきのたびに動きます。つまり目を閉じるとまぶたに引っ張られて上に移動し、目を開けると再びもとの位置に戻ります。

ハードコンタクトレンズは涙の表面張力により角膜に接着し、ソフトコンタクトレンズはその弾力性によって角膜に乗っています。移動したレンズが元に戻り、中央にどどまるのは角膜の形状と涙の影響とされています。
しかし、レンズが目に合っていない場合、ずれたり、はずれたり、中央に戻らなかったりと安定しないのです。

選んだレンズが目に合っているかどうか、適正かどうかそのレンズを装着した状態でチェックします。
その装着状態を表すのが「フィッティング」です。
角膜のカーブに対してレンズのカーブがきつい状態をスティーブフィッティング
ゆるやかな状態をフラットフィッティング
といいます。
スティーブの場合は、レンズの周辺部が、フラットの場合は、レンズの中央部が角膜を圧迫します。
圧迫が強いと角膜に圧痕や傷がついたり、涙の流れが悪くなり結果、角膜が酸素不足をきたしたりして眼障害のリスクが高くなります。
また、レンズの動きが小さい状態タイトフィッティング、動きが大きい状態をルーズフィッティングといいます。
タイトフィッティングの場合、レンズの下の涙の流れが悪いので、角膜の酸素不足になりやすく、ルーズフィッティングの場合はレンズが安定せず、よく見えなくなったり、レンズが外れやすくなります。

どんなコンタクトレンズを装用する場合でも適正なフィッティングが必須ですが、とくにハードコンタクトレンズでは厳密なフィッティングが必要です。フィッティングはレンズの汚れ、傷、変形、涙の量などによって影響しますので定期的なチェックが大事になります。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:43 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月09日

度数による適応、不適応

近視の度数はと聞いてみると…多くの人が「0.3」くらいとか「0.1以下」と答えますが、それまでは視力であって近視の度数ではないのです。
視力は文字やランドル環(Cの文字のような切れ目が入った輪)が書かれた視力表で測定します。ランドル環は国際的な視力検査の基準で、5メートルの距離から見たときに視力が1.0となるランドル環の大きさは直径7.5ミリ、太さと切れ目の幅1.5ミリと定められています。このランドル還より小さいものが見えれば視力は1.0以上大きいものしか見えなければ視力1.0未満となります。0.3や0.1という視力でも近視以外のケースもあります。
近視を含む屈折異常の度数はD(ジオプトリー)という単位で表します。3Dが正規、マイナスが近視、プラスが遠視です。3Dまでが軽度近視、3D〜6Dが中等度近視6D以上が強度近視とされています。
強度近視にはガス透過性ハードコンタクトレンズが適しています。度が強いと装用時間が長くなり、コンタクトレンズによる目の負担を考慮しなければなりません。
ソフトコンタクトレンズでは、度が強くなるにつれてレンズも同時に厚くなり、ガス透過性ハードコンタクトレンズよりも酸素透過性に劣るソフトコンタクトレンズでは角膜の酸素不足を招きやすくなります。
最近の傾向として2D以下の軽度近視でコンタクトレンズを使用している人がいますが、その中には裸眼でも日常生活に支障がなく必要なときだけコンタクトレンズを装用するという人もいますが、そのような人にハードコンタクトレンズは不適です。毎日装用しな人、1日の装用時間が短い人にはソフトコンタクトレンズが適しています。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:27 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カスタムメイド

どのコンタクトレンズメーカーも1種類のコンタクトレンズにつきソフトで数種類、ハードで20〜30種類のカーブのレンズがあります。
医師は目の検査をもとに、その中から装用希望のカーブに合わせてレンズを選び、処方しています。
角膜の形状、カーブはひとりひとり違います。それでも多くの人が既製服で間に合うように、既存のレンズから目にフィットするレンズを選びだすことが可能です。しかし、少数ですが、既存のレンズではどうしても目に合わないという人がいます。こうした人たちのために角膜の形状に合ったカーブ、サイズ、デザインのレンズをつくるのがカスタムメイドといいます。
既存のレンズではフィットしないケースで多いのは、厳密なフィッティングが要求されるハードコンタクトレンズです。ソフトコンタクトレンズは軟らかく、角膜にフィットしやすいことから目のカーブとレンズのカーブが少し(あくまでも少し)違っても問題ないことが多いのです。
カスタムメイドはの適用はガス透過性ハードコンタクトレンズのみです。


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:01 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月06日

カラーとUVカット

カラーコンタクトレンズは虹彩つきレンズとも呼ばれています。虹彩部(茶目)に色がつき、瞳孔部(黒目)は透明になっています。
度数のついたレンズもありますがおしゃれ目的です。視力矯正のない必要がない人も装用していますl。とくに若い女性に人気が高いアイテムです。レンズケア方法は通常のソフトコンタクトレンズと同様ですが、眼障害の発生率がかなり高くなっています。
レンズに色をつけている色素がレンズに微妙に変形させてしまったり汚れを蓄積させるため、通常のソフトコンタクトレンズよりも角膜に与える負担が大きいのです。
UVはご存知のとおり紫外線のことでUVカットが施されているレンズはハードもソフトもあり毎日使い捨てコンタクトレンズにもあります。強い紫外線を長時間浴びると角膜や水晶体に障害が発生しますがゴーグルなしでスキー場にいた場合、激しい目の痛みにおそわれるのは、紫外線が角膜を傷つけているせいです。
つまり、UVカットが目の保護になることは確かなのですが、UVカットコンタクトレンズの装用が紫外線による角膜障害、水晶体障害の抑制にどれだけの効果があるのかはそれを証明するデータがないのです。
ガス透過性ハードコンタクトレンズにUVカットの成分を含めると水塗れ性が悪化し汚れやすく、くもりやすくなってしまいます。
コンタクトレンズが汚れやすい人はUVカットのタイプを選ばないほうがいいでしょう。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:23 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーリックとバイフォーカル

トーリックレンズは乱視用のコンタクトレンズです。通常、乱視はハードコンタクトレンズで矯正できます。乱視の原因となっている角膜のひずみを、レンズで覆うことにおって補正しますが、これには装用しても形状が変化しないハードコンタクトレンズが適しています。
軟らかくて形状が変化するソフトコンタクトレンズは適しません。

しかしハードコンタクトレンズで矯正が困難な乱視、コンタクトレンズ装用によって顕在する乱視(残余乱視)もあります。乱視があるにもかかわらずソフトコンタクトレンズを装用したい人もいます。
そうした乱視を矯正するレンズとして開発されたのがトーリックレンズす。レンズをトーリック面(角膜のような面)にして乱視の度数に合わせて屈折を矯正しています。
トーリックレンズは角膜上のでの上下左右を常に一定にしておくこが大事です。
まばたきによってレンズが動いた後、軸がずれてしまうと見えにくくなってしまいます。
動いた後、角膜の中央に戻るときいつも上下左右同じに戻らないと乱視を矯正できません。
そのためレンズの下部に重みをつける、上部を薄く下部を厚くするなどの加工品が加えられています。当初はハードタイプのみでしたが、ソフトタイプのトーリックレンズも開発されています。最近、頻回交換ソフトコンタクトレンズのトーリックレンズも登場し選択の幅は増えています。
バイフォーカルレンズは二重焦点、いわゆる遠近両用のレンズ。
メガネでは上半分で遠方視、下半分で近方視する遠近両用タイプが普及しています。コンタクトレンズではメガネと同様の理論で遠用部分と近用部分を分けたデザインのもののほか、同じ円上に交互に遠用と近用が配置されているレンズ、「回折」という原理を利用したレンズなどが開発されています。
回折型というのは、レンズの内側に円環状の溝が何重にも連なっていて遠方にも近方にも焦点が結ぶというものです。
バイフォーカルコンタクトレンズにはガス透過性ハードコンタクトレンズ、従来型ソフトコンタクトレンズのほか、頻回交換レンズも登場し、おり便利になってきました。どのタイプでも処方には時間がかかります。


posted by コンタクトレンズトラブル at 18:06 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。