【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年10月12日

3時−9時スティニング

3時−9時スティニングの原因

目の表面の局所の乾燥によって生じることと、レンズエッジ(レンズの端)による機械的なこすれ、圧迫によってしょうじることがあります。
局所の乾燥はレンズの汚れ、フラットなフィッティング、レンズに直径が大きすぎるレンズエッジが厚い、ドライアイなどが原因となって起こります。時計に見立てて3時と9時の位置に発生する障害です。ハードコンタクトレンズに特有の障害で、軽いものを含めるとハードコンタクトレンズ装用者の半数以上に見られます。
多くは角膜だけでなく、その外側の結膜(白目の部分)の障害を伴います。近年、ガス透過性ハードコンタクトレンズの直径がやや大きくなったことから障害の程度は5段階のグレードに分類され、グレード0が障害なし1〜2が軽度、3が中等度、4は重度となります。グレード3以上の障害が長く続くと角膜白斑、角膜浸潤、角膜潰瘍につながります。
機械的なこすれ・圧迫は不適切な周辺部デザイン(レンズエッジが鋭すぎる、エッジリフトの高さ十分)スティープなフィッティングなどが原因となって起こります。レンズエッジによる機械的なこすれ・圧迫はよく下方、3時−9時スティニングは角膜径に対してレンズが相対的に小さい場合にはも逆に大きい場合にも発生しフィッティング不良のときにも起こります。
つまり、発症にはレンズのサイズレンズのエッジの形、レンズ表面の汚れ、傷、フィッティング、 角膜の大きさ、まばたき、瞼裂幅(上下のまぶたの幅、いわゆる目の大きさ)、湿度、涙の量涙の組成などのさまざまな因子が関与しています。

3時−9時スティニングの自覚症状

グレード2以下ならほとんどありませんが、グレード3以上になると充血を伴い、異物感、目の痛みなどを訴えることがあります。
午前中は、何もなかったのに午後あるいは夕方になると充血・異物感が生じる、
サイズの大きなガス透過性に変更してから充血や異物感が強くなったということもあります。朝からコンタクトレンズの調子が悪い人は、レンズが汚れていたりフィッティングが極端に不良である人が多くレンズがはずれやすい、ドライアイでは、目が乾く、疲れるゴロゴロする、まぶしい、重い、充血、流涙(意外ですが案外多い)スティニングを含む角膜・結膜の上皮障害が起こりやすい状態になっておりすでに障害が起こっている可能性もありますので、早めに眼科を受診します。

3時−9時スティニングの治療・対策

グレード2以下、無症状ならば、治療は不要です。グレード3以上で充血などが生じているときは、人工涙点眼、ヒアルロン酸の点眼(眼科で処方をうけたもの)を使用します。そして原因に応じてレンズの変更、レンズケアの見直しを行います。

目の表面の乾燥が主原因の場合

  1. レンズの汚れに対しては洗浄方法を変更します。クリーナーによるこすり洗いを指導し、強力たんぱく除去を併用します。どうしても汚れが落ちにくいときは低DK値(ガス透過性が低い)に原因があるときはその原因に応じて適切なレンズに変更します。
  2. レンズのデザイン、直径に原因があるときはその原因に応じて適切なレンズに変更します。 加工できるレンズの場合は、原因となったレンズを修正するrこともあります。レンズの直径が大きすぎるときは、小さいものに変更します。
  3. レンズのフラットフィッティングが原因であるときはややスティープなフィッティングにします。
  4. 目の表面の乾燥に対しては、人工涙液(防腐剤が含まれていない物)の頻回点眼、ヒアルロン酸の点眼を行い、乾燥を防ぎます。


レンズによる機械的なこすれ・圧迫が主原因の場合

適切なデザインのレンズ、ややフラットなフィッティング(角膜に加わるエッジの圧力を弱めるフィッティング)のレンズに変更します。前述したように加工できるレンズの場合は、原因となったレンズを修正することもあります。
どうしても3時−9時スティニングが改善されない場合はソフトコンタクトレンズに
変更します。ただし、ドライの人はソフトコンタクトレンズを装用するとトラブルが多くなってしまうのでレンズ選びは慎重に行います。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:30 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマイルマークパターン

スマイルマークパターンとは?

黒目(瞳孔領)の下のほうに生じる傷です。黒目と顔に見立てると傷の部分が口にあたり、しかも笑っているような形をしていることから、スマイルマークパターンと呼ばれています。ソフトコンタクトレンズ装用者に見られます。

スマイルマークパターンの原因

局所の感想が原因です。高含水性ソフトコンタクトレンズを装用している人、連続装用をしている人、ドライアイの人、瞬目不全(まばたきが不完全)の人、下三白眼(黒目が上方にかたより、左右のみならず下方も白目になっている)の人に多く見られます。高含水性ソフトコンタクトレンズは、水分を多く吸収するので、目の表面が乾きやすくなるのです。
連続装用はレンズの汚れが蓄積し、レンズの乾燥が助長されます。まばたきが不完全だと涙の分布が悪く、目の表面が乾燥しやすくなります。

スマイルマークパターンの自覚症状

多くの場合、無症状ですが、夕方になると軽い乾燥感、異物感を自覚することもあります。

スマイルマークパターンの治療・対策

傷害が軽い場合は、
  1. 人工涙液(防腐剤を含まないもの)の頻回点眼、ヒアルロン酸の点眼
  2. 連続装用の中止
  3. クリーナーによるこすり洗い
  4. 装用時間の短縮を実施します。
  5. 通常、1の治療のみで問題ありませんが、同じレンズを装用し続けると悪化し、角膜上皮びらん、角膜浸潤、角膜潰瘍と進むことがあり、2〜4も大切です。2は終日装用に変更します。レンズの汚れが目の乾燥につながっていると思われるときは3の実施により汚れを落とします。4は終日装用の装用者の対策で、装用時間をできるだけ短い時間にします。1〜4を実施しても治らない場合、障害が中等以上の場合は、
  6. コンタクトレンズの装用中止
  7. コンタクトレンズの種類の変更が必要になります。
6は毎日使い捨てソフトコンタクトレンズ、低含性の頻回ソフトコンタクトレンズまたは非含水性ソフトコンタクトレンズに変更します。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:35 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びまん性の点状表層角膜症

びまん性の点状表層角膜症とは?

角膜全体に小さな傷がポツポツと発生します。酸素透過性の悪いコンタクトレンズを装用している人、汚れたソフトコンタクトレンズを装用している人、ソフトコンタクトレンズを連続装用している人に多く見られます。

びまん性の点状表層角膜症の原因

多くは、角膜の酸素不足です。レンズが汚れると、レンズの酸素透過性が低下したり角膜に酸素を供給する涙の流れが悪くなったりして角膜が酸素不足に陥ります。
コンタクトレンズを装用すると、適切なレンズであっても裸眼に比べて角膜への酸素供給量がへります。連続装用をすると、角膜は長時間酸素の少ない状態におかれて酸素不足をきたしやすいのです。レンズケア用品が原因のこともあります。コールド消毒に使われている過酸化水素水洗浄に 使われるレンズクリーナー、酵素クリーナー、あるいは各種レンズケア用品に含まれる防腐剤などが原因で起こることがあります。

びまん性の点状表層角膜症の自覚症状

軽い異物感を自覚することが多いのですが、まったく無症状の場合や、強い羞明(まぶしさ)目の痛みを伴うこともあります。レンズケア用品が原因の場合、刺激を症状としての異物感、痛み、充血、流涙などを伴うことが多く、角膜上皮びらん、角膜浸潤を起こすこともあります。

びまん性の点状表層角膜症の治療・対策

コンタクトレンズの装用を中止し、細菌感染を起こさないように抗生物質の点眼薬を用います。通常は一晩〜数日以内に治ります。レンズが汚れている場合には、洗浄方法を変更し、汚れを落とします。汚れがひどく落ちないような場合には、新しいレンズに交換します。連続装用の場合は終日装用に変更します。レンズケア用品が原因の場合は、原因に応じ対応をします。過酸化水素水が原因なら過酸化水素水をきちんと中和したり別の消毒方法に変更したりします。クリーナーが原因なら装着前にしっかりクリーナーをすすいでから装用するようにします。防腐剤が原因なら原因となっている防腐剤が含まれていないケア用品に変更します。


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:12 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

点状表層角膜症

角膜は上皮、実質、内皮から成り、上皮と実質はボウマン膜、実質と内皮はデスメ膜で仕切られています。
上皮は表皮細胞、翼状細胞、基底細胞で構成されています。
いちばん下の基底細胞が分裂を繰り返し、分裂した細胞が上へと押しあがり、翼状細胞→表皮細胞と姿を変えていき、やがてはがれ落ちます。このサイクルは約7日間です。
点状表層角膜症は上皮細胞の表皮細胞から翼状に細胞にかけて、細胞が数個から数十個単位で脱落している場合、わかりやすくいえば角膜のごく浅い部分に生じた、小さな傷です。
多くの場合、コンタクトレンズを一晩はずしておくだけで治りますが、原因を取り除かないと再発します。重症化する傷が広く、深くなり角膜上皮びらん、角膜浸潤、角膜潰瘍へと進展する危険性があります。ソフトコンタクトレンズに特有なもの、ハードコンタクトレンズに特有なものがあり、いろいろなパターンがあって原因も様々です。


posted by コンタクトレンズトラブル at 16:45 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月09日

主な自覚症状とその原因(コンタクトレンズ障害)

様々なコンタクトレンズ障害の自覚症状とその原因一覧

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:37 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。