【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月16日

コンタクトレンズによるトラブルはどんなものがあるのですか?

コンタクトレンズのトラブルは主として黒目(角膜)と白目(結膜)に生じます。角膜の表面を上皮といい、この上皮の障害は深さによって重傷度が違います。もっとも浅い障害を点状表層角膜症、上皮が欠損した状態を角膜びらん、上皮をこえた深い障害を角膜潰瘍といいます。
障害が深くなればなるほど治るまでに時間がかかり、最悪の場合は失明に
至ることもあります。
コンタクトレンズの使用によって
  • 酸素不足が生じたり
  • 酸素不足が生じたり
  • 角膜にキズがついたり
  • 感染を起こしたり
  • 目が乾燥したり
  • アレルギー反応を生じる
などの トラブルが起こります。
1角膜に酸素不足が起こると、まず周囲の結膜の血管が拡張して、角膜に
血液や酸素を拡充しようとする反応(充血)が起こります
それでも酸素が足りないと、角膜上皮は浮腫状態に陥ります。
不規則にコンタクトレンズを使用している人が急に長時間装用したり、
装用したまま眠ると角膜びらんを生じることもあります。また酸素不足が
慢性化すると角膜の周辺に血管が侵入したり、角膜の内側にある細胞
(角膜内皮細胞)に障害を起こします。角膜内皮細胞障害がひどくなると、
コンタクトレンズを使用できなくなるだけでなく、角膜の透明性が維持
できなくなります。
2コンタクトレンズと角膜の間に異物が入ったり、破損したコンタクトレンズを
目に入れたり、ひどい汚れが付着したレンズを入れた場合などに、角膜にキズ
がつきます。
また目に適合していないカーブやデザインのコンタクトレンズを装用しても、
角膜にキズがつくことがあります。
3角膜の上皮障害に細菌やカビ、アメーバが感染すると重篤になります。
ハードコンタクトレンズではこうした感染症はほとんど起こりませんが
ソフトコンタクトレンズでは装用感がよいため発見が遅れ、重症化
します。
アカントメーバによる感染症は、水道水や井戸水を使った自家製生理食塩水
が主な原因です。
また使い捨てコンタクトレンズ(ディスポーザレンズ)を使用後、捨てないで
再度利用したためにアカントアメーバ角膜炎を生じた報告もあります。
4コンタクトレンズを装用するとコンタクトレンズは周囲の涙を吸引するので
目が乾きやすくなります。
このため角膜や結膜に障害を起こすことがあります。
とくにハードコンタクトレンズの使用者で結膜のヨコの部分が赤く充血
している人がいます。よく診察すると、結膜だけでなく角膜にも点状表層角膜症を生じています。
5コンタクトレンズの汚れにより、上まぶたの表裏の結膜にアレルギーの反応が
起こります。乳頭というブツブツが結膜にでき(巨大乳頭結膜炎)目がかゆくなったり、目からの分泌物が多くなります。
こうしたコンタクトレンズによる眼障害の多くは、その原因によって特徴的な
所見を示します。そしてその原因をはっきりさせて対処しないと、ふたたび
コンタクトレンズを装用すれば障害は再発します。

ハードコンタクトレンズによる代表的な眼障害の症例

症状:中央部のスティニング・長時間装用による角膜障害
原因:酸素不足
症状:6時12時スティニング・下方固着レンジエッジの圧迫痕
原因:フィッティング不良
症状:レンズの破損による角膜びらん
原因:レンズの破損
症状:異物によるスティニング
原因:レンズしたに異物の迷入
症状:3時9時スティニング
原因:乾燥、フィッティング不良
症状:不整なスティニング
原因:レンズの汚れ

ソフトコンタクトレンズによる代表的な眼障害の症例

症状:中央部のスティニング・角膜びらん
原因:酸素不足
症状:びまん性の点状表層角膜症
原因:酸素不足、ケア用品
症状:角膜血管侵入
原因:酸素不足、フィッティング不良
症状:スマイルマークパターン
原因:乾燥
症状:角膜上方の弓状の障害
原因:フィッティング不良
症状:角膜侵潤
原因:感染、免疫反応
症状:角膜潰瘍
原因:感染

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:23 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトレンズを入れると目が赤く(充血)なるのはなぜですか?

コンタクトレンズといえども目にとっては異物ですから、慣れないうちはコンタクトレンズを入れた直後はゴロゴロ、ショボショボして白目は赤くなります。
だんだんと慣れてくると目のあかみはとれてきますが、いつまでも赤い状態が続くのは問題です。
コンタクトレンズによる眼障害が起こっていることも考えられますので症状がひどい場合は、眼科を受診します。
コンタクトレンズを入れた直後は問題ないのに、装用時間が長くなるにつれて充血する場合は、コンタクトレンズが目に合っていないことや目の酸素不足や乾燥が原因であることが多いので、なるべく早くコンタクトレンズを外すようにします。コンタクトレンズを処方した医師の診察を受け、原因をあきらかにし対処してもらいます。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:15 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月14日

ハードコンタクトレンズになかなか慣れません

コンタクトレンズ自体は目に対して異物であるため、なんらかの反応があると予想されますが、この反応が物理的な域ですむのか、それをこえて病的な反応(障害)を起こすかは重大な問題です。
生理的な反応というのは、コンタクトレンズを使用して初期に生じる軽度な反応のことをいい、目がコンタクトレンズという異物を取り除こうとすることから生じる症状です。
たとえば、コンタクトレンズを目に入れると、まずゴロゴロとした異物感とともに涙がにじみ、まばたきが増えてきます。これは目に入ったコンタクトレンズをまばたきすることによって涙の量をふやして、異物であるコンタクトレンズを涙といっしょに目の外に流し出そうとする自然の反応が無意識に起こっているのであり、生理的な反応です。
これらの反応は一般には日時がたつとしだいに慣れてくるので、、目には障害を残しません。一般にハードコンタクトレンズ装用の初期に生じる眼症状には以下のようなものがあります。

ハードコンタクトレンズ装用の初期に生じる眼症状

  • ゴロゴロとした異物感がある
  • 上を向きにくい
  • 近くがみえにくい
  • まぶしく、キラキラした感じがする
  • 涙がにじみ、まばたきが多くなる
  • コンタクトレンズのふちが気になる
  • 黒目の周囲が赤くなる
  • 目やにが多い
  • 風の強いときや、空調の効いているところでは目が乾燥して赤くなりやすい
  • テレビや映画などを長時間見ていると目が乾燥して白目が赤くなる
  • 左右の目の感じが異なる
  • コンタクトレンズが動くのが気になる
  • コンタクトレンズを外した後もくもる
  • くもりやすい


posted by コンタクトレンズトラブル at 19:01 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まばたきをしっかりしなければいけないのはなぜですか?

黒目(角膜)や白目(結膜)の表面には、涙の薄い膜があります。
コンタクトレンズは角膜の上に直接のっているのではなく、涙を介して接しています。まばたきはいわば涙のポンプで、まばたきをするたびに目の表面に一定量の涙がおくりこまれてきてきます。
また、まばたきは涙を均一に分布させ、目から出る分泌物などを流し去る働きもあります。車のワイパーがフロントガラスの汚れも取り去るようにまばたきはコンタクトレンズの表面の汚れも取り去ります。さらにまばたきをしないと目の表面が露出しますので、涙が蒸発しやくなります。
ハードコンタクトレンズの使用者は異物感のためか、まばたきが浅いだけでなく回数も少ない人がいます。まばたきは目を閉じるくらいに深く行います。
まばたきが浅いと目の表面の下側がいつも露出するため、結膜が充血したり、角膜に障害が生じます。また、まばたきによってコンタクトレンズは上下に動くのですが、まばたき浅いとレンズがほとんど動かなくなるため、角膜が変形したり、レンズと角膜の涙液の交換がなされません。そのために眼障害を引き起こすこともあります。

余談ですが…精神を集中させて小さな文字を追ったり、コンピューターの画面を見続けると、まばたきの回数はふだんの約4分の1に減ります。仕事中などは意識してまばたきの回数を増やしたり、適度な休憩をとるようにします。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:42 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトレンズの上から目薬をさせますか?

眼科医の指導のもと、コンタクトレンズの上から指示された目薬をさすことがありますが、この場合、よく問題になるのが目薬の中に含まれる防腐剤です。
防腐剤にもいくつか種類があって目に影響を目に悪影響を与える物があるので、眼科医に指示された目薬を点眼します。
薬局で売られている目薬の中には、防腐剤だけでなく、血管収縮剤の含まれるものもあります。 血管収縮剤の入っている目薬は、血管を強制的に収縮させるため充血が消えたように見えますが、充血の原因を治しているわけではないのです。
目薬の効果が消えると、逆に充血がひどくなることもあります。
コンタクトレンズを使用して酸素不足になって充血しているのに、黒目(角膜)の周囲の血管を収縮することは決してよいことではありません。こうした目薬は、コンタクトレンズの使用時だけでなく、はずした後にも使用しないほうがいいでしょう。

ところで多くの目薬には上述した防腐剤が含まれていますが、ハードコンタクトレンズの上からの点眼についてはあまり問題になりません。ソフトコンタクトレンズの場合は、水分を含む材質でできているため、レンズの上からの点眼を続けると、この防腐剤が蓄積します。したがって従来型のソフトコンタクトレンズの場合は、防腐剤を含まない、1回使い切りの目薬をさしたほうがいいでしょう。使い捨てタイプや頻回交換タイプのソフトコンタクトレンズでは短期間でレンズ交換するため防腐剤の蓄積はあまり問題になりません。ただし目に悪影響のない防腐剤の入った目薬を眼科医に処方してもらいます。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:16 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。