売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年07月31日

ソフトコンタクトレンズの処方

ソフトコンタクトレンズの処方

各種の検査により目に合うと思われるトライアルレンズを選択し、装用させ、レンズのフィッティングと視力を検査し、実際に処方するレンズを選択していきます。ソフトコンタクトレンズの処方は、レンズの製法・素材・含水率などによっても異なるため、各社の処方マニュアルを参考にします。

ベースカーブの選択

Spin-casting法によるもの以外は、角膜曲率中間値より0.6〜1.0mmを加えたベースカーブのレンズを、トライアルレンズとして選択する。

サイズの選択

サイズに種類があるときは、角膜横径に2.0mmを加えたものにする。パワーは種類があれば、眼鏡矯正値になるべく近いものを選ぶ。

フィッティング判定

ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズのようにフルオレセインパターンに頼ることができないため、処方にはある程度の経験が必要にります。 ソフトコンタクトレンズは静止位置と動きからフィッティングチェックを行うが、装用直後は涙も多いため、10〜30分ほど慣れさせて、レンズの動きが落ち着いてから判定します。

レンズ静止位置の見方

正面視でレンズが中央にあり、角膜全体をおおっていることが大切です。ルーズなフィッティングの場合や上眼瞼圧が強い場合、レンズが下方に落ちている場合があります。このような場合はベースカーブやサイズを変えてレンズの静止位置が中央になるようにします。
レンズの動き
下眼瞼を引き下げて、瞬目によりレンズが1.0〜2.0mm(レンズの種類によって異なるが)の上下運動をしていることをチェックします。
また、上方視、下方視、側方視でレンズが大きくずれないかもチェックします。。上方視でレンズがずれて下方に落ちたり、エッジのたわみや浮き上がりが認められた場合は、フィッティングがルーズで視力不良の原因となるので、ベースカーブをスティープにします。
また、上眼瞼を引き上げて、レンズの上方のエッジが結膜や強膜を圧迫していないかをチェックします。圧迫している場合は輪部からの血管侵入の原因ともなるので、ベースカーブをフラットにします。
フィッティング判定の
補助手段

フィッティングを判定する補助手段として、次のようなものがあります。
(1)レチノスコープ
トライアルレンズの上から、瞬目をさせながら板付きレンズを使ってスキアスコープをしたときに、瞳孔領の反射光を見る。反射光に影が出来るようなときはフィッティングが不良なことが多く、患者も瞬目により視力表の見え方が不安定だと訴えます。
(2)オフサルモメーター
トライアルレンズの上からオフサルモメーターで観察し、瞬目のたびに映像がゆがんだり、ぼけたりして不鮮明なときは、フィッティングは不良です。
(3)フォトケラトスコープ
瞬目直後はきれいな像でも、7秒位開瞼させておくと、フィッティングが悪い場合は像がゆがんだり、ぼやけたりします。
良好なフィッティング
トライアルレンズのフィッティング判定で下記条件が全てそろっているときにフィッティングは良好であるとし、パワーの決定に進みます。いずれかが悪いときはトライアルレンズを変えて、納得のいくレンズが見つかるまで検査します。

パワーの決定〔追加矯正〕

オートレフケラトメーターやレチノスコープで測定したデータを参考にパワーを決定します。トライアルレンズのパワーはなるべく自覚的屈折度数に近いものを選択します。トライアルレンズを装用した上から眼鏡枠をかけ、眼鏡レンズを用いて追加矯正を行う。コンタクトレンズの度数を決定する場合、過矯正にならないように赤緑指標試験(2色テスト)などを用いてチェックします。

処方

トライアルレンズによるフィッティング判定、追加矯正から、処方するレンズのカーブ、直径、度数を決定したら、実際に処方するレンズを選択し、装着してさらにフィッティングを調べます。
どこか具合が悪いところがあれば、また違うトライアルレンズを使用して検査しなおし、適正なフッティングと矯正視力が得られるまで検査します。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:48 | Comment(0) | 検査の重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードコンタクトレンズの処方

ハードコンタクトレンズの処方

各種の検査により目に合うと思われるトライアルレンズを選択し、装用し、レンズのフィッティングと視力を検査し、実際に処方するレンズを選択していきます。

ベースカーブの選択

オートレフケラトメーターにより測定した角膜曲率半径のデータを参考にします。水平および垂直の角膜曲率半径の中間値を求めて、最も近いベースカーブをもつトライアルレンズを選択します。

サイズの選択

ハードコンタクトレンズのサイズ選択は、角膜曲率半径、角膜径、瞳孔径、眼瞼幅、眼球突出等の要素を考慮します。

レンズサイズ選択の指標

直径
9.0mm前後
8.5mm前後
8.0mm前後
角膜曲率半径
8.00mm以上
7.70mm前後
7.30mm以下
角膜径
12mm以上
11.5mm前後
11.0mm以下
瞳孔径
6.0mm以上
4.0〜5.0mm前後
3.0mm以下
瞼裂幅
10mm以上
7〜8mm前後
6.0mm以下
眼球突出
16mm以上
14mm前後
12mm以下


フィッティング測定

ハードコンタクトレンズのフィッティングは、フルオレセイン染色によるレンズと角膜の間の涙液の染まり具合でチェックする。これをフルオレセインパターンによる判定といいます。
●ベベル幅
レンズの周辺部にはベベルとよばれる部分があり、このデザインがレンズの動き、静止位置、涙液交換、異物感などに大きく影響を与えます。ベベル幅が広すぎるとレンズの動きはルーズになりがちで、涙液のドライアップによる3時−9時ステイニングの原因となる。逆に、ベベル幅が狭すぎると、レンズの動きはタイトになり、レンズの機械的刺激で3時―9時ステイニングの原因になることがあります。
●ブレンド(研磨)
状態レンズのベースカーブと中間カーブ、中間カーブと周辺カーブのつなぎ目は鋭角になり、そのままでは角膜に刺激を与えるので、曲面の移行部はブレンドをかけて丸みをつけます。このブレンドの状態が不足すると、異物感が強いだけでなく、角膜上皮障害を引き起こすことがあります。逆に、ブレンドをかけすぎるとレンズの動きは不安定になり、異物感の原因となります。
エッジの浮き上がり(エッジ・リフト)
レンズの動きを左右する要因に、エッジの浮き上がりがあります。エッジの浮き上がりが大きすぎる場合は、レンズの動きが不安定になり、小さすぎるとタイト症状が出ます。
●ルーペ、ベベルチェッカーによるベベルデザインのチェック
ベベル部分のデザインをチェックするには、直線型蛍光灯の光をレンズのベベルに当てて、ルーペを用いてベベルでの反射光をチェックする方法や、ベベルチェッカー内にレンズをおいてチェックします。

パワーの決定

オートレフケラトメーターやレチノスコープで測定したデータを参考にパワーを決定する。トライアルレンズのパワーはなるべく自覚的屈折度数に近いものを選択する。トライアルレンズを装用した上から眼鏡枠をかけ、眼鏡レンズを用いて追加矯正を行う。コンタクトレンズの度数を決定する場合、過矯正にならないように赤緑指標試験(2色テスト)などを用いてチェックする。

周辺部のデザイン

ベースカーブ(BC)、中間カーブ(IC)、周辺カーブ(PC)を有したレンズのデザイン、BCとPCだけのデザインもある。

表記法

ベースカーブ/パワー/サイズ/レンズの種類の順に記載します。もしもベベルデザインに種類があり、それを指定する場合は、その後に続ける。レンズの種類を最後に付け加えます。

処方

トライアルレンズによるフィッティング判定、追加矯正から、処方するレンズのカーブ、直径、度数を決定したら、実際に処方するレンズを選択し、装着してさらにフィッティングを調べます。どこか具合が悪いところがあれば、また違うトライアルレンズを使用して検査しなおし、適正なフッティングと矯正視力が得られるまで検査します。

posted by コンタクトレンズトラブル at 18:26 | Comment(0) | 検査の重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトレンズ処方時の検査

コンタクトレンズ処方時の検査〔問診〕

コンタクトレンズ装用を希望する理由や目的について問診します。常用するのか?オケイジョナルで使用するのか?どのようなスポーツをするのか?さらに使用者の職業や社会的背景などもコンタクトレンズの種類を選択するうえで重要なポイントになる。コンタクトレンズ経験者については、コンタクトレンズ装用歴、トラブルの有無、使用状況などをたずねる。また、眼疾患や全身疾患の有無、手術歴などもコンタクトレンズを処方するうえで参考になる。

コンタクトレンズ処方時の検査〔角膜曲率半測定〕

角膜のカーブを調べる検査で測定にはオフサルモメーター(ケラトメーター)(やオートケラト・レフラクトメーターとよばれる装置が使用されます。これらの装置により、角膜中央部の直径3〜4mmの部位における曲率半径の測定が可能となります。

コンタクトレンズ処方時の検査〔角膜形状解析〕

フォトケラトスコープやビデオケラトスコープを使用し、角膜中央部だけでなく角膜周辺部の曲率半径を測定して角膜の形状を調べる。コンピュータを用いた解析によりトポグラフィーを作製することができます。トポグラフィーは角膜屈折力、曲率半径もわかり、角膜の形状を色分けできる。また、コンタクトレンズによる角膜形状変化の推移や円錐角膜の進行具合などについても記録・保存することができます。

コンタクトレンズ処方時の検査〔他覚的屈折検査〕

近視、遠視、乱視の屈折異常の程度(度数)を調べる検査です。他覚的屈折検査はレフラクトメーターやオートレフラクトメーターを用いた方法、または検影法(レチノスコープ検査がある。レフラクトメーター、オートレフラクトメーターでの測定では、測定時に眼を緊張させるために近視の度数が強くなることがあるので、測定値は目安として使用します。検影法はレチノスコープにより眼底へ光を投射し、眼底からの反射光の動きと方向との関係から、求める屈折度を板付きレンズという道具を用いて絞り込んでいきます。

コンタクトレンズ処方時の検査〔自覚的屈折検査ー視力検査〕

他覚的屈折検査で得られたデータをもとにして視力検査を実施します。
●球面レンズ度数の決定
最良視力を得る最強のプラスレンズ、または最良視力を得る最弱のマイナスレンズを求める。
●円柱レンズ度数の決定
最良視力が得られた最強のプラスレンズまたは最弱のマイナスレンズを装用してもらい、これに他覚的屈折検査で得られた乱視度数の約半分のプラス球面レンズを加えて放射線乱視表でチェックする。放射線が均等に見えたときが求める円柱レンズ度数である。さらに球面レンズ度数の再調整を行い、最良視力が得られる最強のプラス度数または最弱のマイナス度数を決定する。

コンタクトレンズ処方時の検査〔前眼部の検査〕

角膜

角膜の厚みの変化、突出具合をチェックします。円錐角膜などの疾患の有無、角膜の濁りや浮腫がないか、血管侵入がないかなどを事前に調べておきます。また、フルオレセインを用いて涙液を染色して、点状表層角膜症や角膜びらんの有無をチェックします。
さらに、スペキュラーマイクロスコープという装置を使用して、角膜内皮細胞を観察し、記録します。

眼瞼眼瞼の形状も個人差が大きく、レンズの静止位置や動きを大きく左右するので、十分なチェックが必要である。眼瞼の形状をチェックするときに、瞬目の状態についてもチェックする。瞬目の回数が少なかったり、程度が浅い人の場合、涙液の交換不良が生じたり、レンズに汚れが付着しやすくなります。
結膜下眼瞼のチェックです。また上眼瞼を翻転して巨大乳頭結膜炎などのアレルギーの有無をチェックします。また、眼球結膜では瞼裂斑)をチェックします。これらは充血や異物感の原因になりやすいためです。
涙液涙液は角膜表面をうるおすだけでなく、大気中の酸素を角膜に供給したり、角膜の機能維持にも大切な役割をもっています。
涙液の分泌量を測定する「シルマー試験と、結膜・角膜にたまる涙液量をチェックする「綿糸法があり、ドライアイの有無やドライアイによる角膜上皮の障害などを調べます。
前房前房の深さをチェックし、浅前房であれば閉塞隅角緑内障の有無を、また前房水中の炎症性細胞やタンパク量の増加チェックして虹彩毛様体炎の有無を調べる。
水晶体水晶体の濁りをチェックし、白内障の有無を調べる。


コンタクトレンズ処方時の検査〔眼底検査〕

眼底検査では、視神経乳頭の色調、形状、陥凹、血管新生などをチェックし、黄斑部の状態(浮腫、変性など)、網膜の状態(出血、白斑、裂孔、変性など)をチェックします。

コンタクトレンズ処方時の検査〔眼圧検査〕

眼圧は緑内障の有無をチェックするために、アプラネーショントノメーターやノンコンタクトトノメーターという検査装置で測定します。眼圧が正常値でも正常眼圧緑内障の場合があるので、眼底検査で視神経乳頭の陥凹が大きいときは視野検査も行います。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:38 | Comment(0) | 検査の重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月13日

コンタクトレンズの検査の重要性

検査の重要性

コンタクトレンズ(使い捨てコンタクトレンズ含)は近視遠視乱視などの屈折異常を矯正するために眼に直接触れる医療機器です。
眼にとっては異物である。従ってコンタクトレンズを処方する際の検査では、眼瞼、角膜、結膜、涙液などを含めた眼の情報をより多く集め、その人の眼にあったコンタクトレンズを選択します。定期検査を行う上で重要なことは、コンタクトレンズを装用したことによって眼にどのような変化が生じたかを知り、装用中のレンズが眼に合っているかどうか、眼の状態に異常はないかを調べることである。そのためにも処方時の検査でコンタクトレンズ処方前の眼の状態を正確に検査し、記録しておく必要があるといえます。

定期検査を行う重要性

■障害の予防と早期発見
眼にとって、異物を入れる以上、眼にトラブルや障害を及ぼす可能性が常にあります。そのようなトラブルを未然に防ぐ、あるいは最小限におさえるための手段が定期検査ということになります。しかし、 コンタクトレンズの処方が理想的で正確に行われていても、涙液をはじめとして、結膜や角膜にも日々変化が生じる可能性はあるのです。 またレンズ自体も経時的な変化は必ず生じるので、経過の確認をすることは重要でです。
■処方技術の獲得
現在各種コンタクトレンズが次々に開発・市販されていますが、、処方の仕方はレンズの特性によって異なります。それぞれのコンタクトレンズの特性を知るにはそれは定期検査が重要になります。

■眼科医と患者間のコミュニケーション
患者にコンタクトレンズに対する正しい知識を指導し、処方したレンズに対する患者の意見を聞くことが眼科医の義務です。装用感、視力、ケアなどについて、患者が異常を訴えた場合はその原因を解明しなければなりませんが、それには眼科医と患者との間に信頼関係が必要です。ここは、人間的な相性も重要ですから、「いまいち!」と感じた場合には、病院をかえることも考えます。

posted by コンタクトレンズトラブル at 17:18 | Comment(0) | 検査の重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。