【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年10月26日

コンタクトレンズのメリットとデメリット

ほとんどの屈折異常の矯正はメガネでも可能です。コンタクトレンズの装用のメリットは多くの人が美容をあげています。顔のイメージが変化するメガネよほりも素顔でいられるコンタクトレンズがいいという理由からコンタクトレンズの装用をします。屈折異常の矯正という面でもコンタクトレンズには、めがねにない長所があります。

コンタクトレンズの長所

  • 光学的にすぐれている
    強度近視の場合、メガネはレンズが厚くなりものがゆがんで見えるといった短所がありますが、コンタクトレンズは角膜に密着させて装用するため、度が強いレンズを装着してもものがゆがむということはありません。
  • 不正乱視を矯正できる
    メガネで矯正できな不正乱視でも、ハードコンタクトレンズ装用で角膜の表面を覆うことにより、角膜の凹凸をカバーし矯正することができます。
  • 視野がひろくとれる
    メガネは縁があるのでさえぎられて視野が狭くなりますが、コンタクトレンズは角膜に密着しているため裸眼と同じ視野が得られます。


コンタクトレンズの短所

  • 眼障害の危険性
    目と離して使用するメガネは目への直接的な影響はありませんが、角膜に密着させるコンタクトレンズには目に大きな影響を与えます。レンズの選択、装用方法レンズケアが重要です。
  • レンズケアが必要
    メガネは多少汚れていても、目に影響はありませんが、コンタクトレンズは汚れがコンタクトレンズトラブルの原因になります。毎日こまめにレンズケアを行わなくてはなりません。
  • 装用できない人もいる
    メガネは誰でも使用できますが、コンタクトレンズは目の状態によって装用できない人もいます。重症ドライアイ、結膜炎などの場合は、適しませんし原則として小学生には危険です。



posted by コンタクトレンズトラブル at 18:25 | Comment(0) | メリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月13日

ソフトレンズ・ハードレンズのメリットとデメリット

ハードレンズのメリットとデメリット

ハードレンズは、水分を含まない硬いプラスチックでできています。ハードレンズは、網目状にすき間があって、その間をと酸素が通るような構造になっています。これを 酸素透過性といいます。これが一般的にな ハードコンタクトレンズの仕組です。
こういったコンタクトレンズの特徴から、酸素の供給が非常にスムーズなので、長時間装着が可能になります。
1週間付けっぱなし、なんていうのはハードレンズ特有のものです。乱視の矯正が得意なのもハードレンズのメリットのひとつです。その他、安全性が高く、取り扱いが容易、さらに耐久性があるのもハードレンズならではのメリットです。デメリットに関しては、違和感がある、ズレる、異物が入ると痛いなどたまに起こる物理的な苦痛が生じます。激しいスポーツにも向きません。目にごみやほこりが入ると非常に痛みが強いのもデメリットといえるでしょう。

ソフトレンズのメリットとデメリット

ソフトレンズのメリットや特徴は何と言っても「目に入れやすい」ということです。装用に関しては初心者でもすぐに慣れます。痛みもなく、違和感もなく、とても心地よく使うことが出来ます。
特徴としては、 現在、主流の使い捨てタイプがある。カラーコンタクトがあるなど、使用目的に合わせた選択ができるのも魅力的です。カラーコンタクトなどはファッションにあわせていろんな色を楽しむこともできます。こちらのソフトレンズは、水を含むと柔らかくなる素材を使用しています。この水を通じて、酸素を目に送ります。目の状態によって酸素の供給率が悪いと、目のトラブルを引き起こし易くなります。注意が必要なのは 万一、トラブルが起こっていても、痛くないので気が付かないことも考えられます。この場合、目に傷などがついてしまいます。これはソフトレンズのデメリットと言えるでしょう。そのほかにも
  • 耐久性が劣る
  • 汚れを取り込みやすい
  • 乱視の矯正力が劣る
その他にもケアも、ハードレンズに比べて手間がかかる。などがあります。



posted by コンタクトレンズトラブル at 17:50 | Comment(0) | メリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月30日

使い捨てコンタクトのメリットとデメリット

使い捨てコンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズを使いはじめると、物や風景が良く見えるようになるだけでなく、日常生活の様々な場面でメリットを感じることができるようになります。
  • 使い捨てなら、万一紛失や破損してしまった場合でも経済的です
  • 段はハードレンズでスポーツする時だけ使い捨て、などの併用にも最適。
  • 普段はメガネで旅行や週末出かける時だけコンタクト
    • 旅行や出張の時でもスペアがあるので安心
一番のメリットはやはり一定期間ごとに、使い捨てることができるので、毎回、清潔なコンタクトを使用できるというメリットがあります。 目は細い毛細血管がはりめぐらせらています。 清潔に保つことは大切なことです。

使い捨てコンタクトレンズのデメリット

  • 交換期限が過ぎたレンズをそのまま使っていると、目にトラブルが起きやすくなります


使い捨てコンタクトレンズはハードコンタクトレンズを普段使っていても目にトラブルが起きた場合などは、使い捨てコンタクトレンズを使用することになります。
posted by コンタクトレンズトラブル at 11:28 | Comment(0) | メリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。