激安コンタクトレンズ・ショップ

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2010年12月21日

充血の原因と対処方法

コンタクトレンズトラブルの一番多い症状に充血がありますが、様々な理由が原因としてあり、まず自分の充血がどのコンタクトレンズトラブルに合致するか調べなくてはなりません。
眼科医などに専門医に診ていただくことが結果、最短で充血の原因を知ることができるケースがほとんどです。

目の病気

結膜炎や角膜上皮障害があると充血を起こします。また眼精疲労も充血の原因になります。コンタクトレンズの汚れなどが病気の原因となることも多いため、眼科で目の状態とコンタクトレンズの両方をチェックしてもらう必要があります。
体調不良でも充血しますが安易に自分で判断せず眼科を受診します。

コンタクトレンズが目にあっていない

ハードコンタクトレンズが目にきちんとフィットしていない場合、動きが悪くなって目にくっついた状態となり、角膜にレンズエッジの圧痕をつけて充血することがあります。
また、ハードコンタクトレンズのデザインが角膜と合っていないと、3時―9時ステイニングを起こし、水平方向の充血を起こすこともあります。3時―9時ステイニングはハードコンタクトレンズが水を通さないことが原因となって起きることもあり、そのような場合にはソフトコンタクトレンズに変更しないと充血が治りません。

ケア用品があっていない

中和が必要なタイプの消毒剤では、中和が不十分な時に充血が起きます。また、中和が不必要なタイプの消毒剤では、消毒剤がそのまま目に入るため、消毒剤の毒性や、消毒剤成分に対する過敏性が原因となった充血が起きることがあります。

コンタクトレンズのこすり洗いを怠ったことが原因で、消毒が不十分な場合にも充血が起きます。点状表層角膜症を生じているおそれもあるので、眼科を受診して充血の原因を明らかにするとともに、必要な治療を受けてください。

「充血をなくす」という目薬には血管収縮成分を含んだものがあります。このような目薬は、目への血液の循環を抑えるため血液不足になり、目薬が切れると反動で充血します。さらにこれを抑えるためにまた目薬をさす、という悪循環に陥ると充血が治りません。また、目に傷がある場合や眼精疲労でも、目への血液の循環が悪くなるため充血は治りにくくなってしまいます。

眼薬によるトラブル


市販の洗眼薬も、あまり頻繁に使用すると目の表面を守っている粘液や脂肪分を洗い流してしまい、さらに含有する防腐剤成分の毒性によって点状表層角膜症を生じることがあります。また、洗眼時に回りの皮膚の汚れが目に入り込んでくるなど、かえって目に悪い可能性があるので、頻繁な習慣的洗眼は好ましくありません。目薬は、防腐剤フリーの安全なものを選ぶます。→防腐剤の入っていない人工涙液型点眼剤ソフトサンティア


posted by コンタクトレンズトラブル at 21:08 | Comment(0) | コンタクトレンズのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。