【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2010年02月17日

装用初期に起きるコンタクトレンズトラブルに注意

メガネを外して初めてコンタクトレンズを装用するようなケースで起きやすいコンタクトレンズのトラブルがある。
装用初期と呼ばれる時期のコンタクトレンズトラブルである。はじめのうちは目がコンタクトレンズになじんでいないため、軽い症状が起きやすい。違和感を感じたり、軽い流涙、充血などが起こることが多い。こういった症状は多くの人が経験し使用回数を重ねるごとに消失していく症状で心配はない。ところが、こういった症状の中にも異物感を入れているのだからと…多少の症状を全く気にしない人も。症状が改善されていかないのにそれを「当たり前」と誤認識してしまっている。
症状が続く場合は、コンタクトレンズが目に合っていないことが現任の場合が多い。
装用初期だとコンタクトレンズトラブルなのか初期症状なのかを判断できないケースもあり難しい。違和感に不信感を感じたときは眼科医の診断をうけることをすすめる。
適切な処方で、適切なケアを怠らなければ装用感というのは改善されていくため心配ない。
症状が続くような場合に早急に対応することが大切。





posted by コンタクトレンズトラブル at 14:30 | Comment(0) | コンタクトレンズのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。