売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年11月04日

終日装用と連続装用

終日装用は朝つけて夜外すという装用方法で、ほとんどのコンタクトレンズがこのタイプです。装用時間はガス透過性ハードコンタクトレンズで12〜14時間、ソフトコンタクトレンズで10〜12時間が目安です。使い捨てレンズ以外は外した後に必ずレンズケア(ハードは洗浄、ソフトは洗浄と消毒)を行い、清潔なケースに保存し翌朝、つけるという使用方法になります。
終日装用レンズを長時間装用したり、就寝中も装用する、レンズケアをしないで装用するといった使い方をすると眼障害を起こします。
酔って外すのを忘れ、眠ってしまったが、一度間違ってつけたまま寝てしまったのに特に異常がなかったのでそれからつけたまま就寝する習慣がついてしまったという人は、意外に多いのです。
しかし自覚症状がなくても角膜は汚れたり、傷がついたりしています。
やがて傷が大きくなり症状が出現し眼障害に気づく。というケースも多発しています。

連続装用は起きているときも、寝ているときもコンタクトレンズをつけたままという方法です。
徹夜を頻繁にするので連続装用をする。というのは間違っています。
連続装用は16時間起きて、8時間眠るという規則正しい生活をしている人向けです。
24時間も起きていたら目の表面から涙がへってトラブルをまねきます。そのまま寝るときは外さないと重大なトラブルにつながります。
連続装用レンズにはガス透過性ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあります。いくら高DK値のガス透過性ハードコンタクトレンズであっても装用中は、裸眼に比べて角膜への酸素供給量が低く、角膜に負担がかかります。連続装用をすれば角膜が酸素不足に陥る危険性は高くなります。しかも酸素透過性が低く、角膜への酸素が不足しやすいソフトコンタクトレンズを連続装用すれば、角膜の傷が治ることができる時間がないというのも大きなリスクであり問題です。

つけたり外したりするのが面倒くさい、はずした後のレンズケアを忘れてしまう。といった理由で連続装用を希望する人もいますが連続装用といっても特殊な場合(白内障の手術をして水晶体を取り、コンタクトレンズを装用しているような場合)を連続装用できない人もいます。たとえ1週間連続装用使い捨てコンタクトレンズであっても、目の調子が悪ければ2日目でも連続装用を中止しなければ危険です。使い捨てレンズ以外は連続装用レンズでもはずした後はやはりレンズケアが必須です。




posted by コンタクトレンズトラブル at 18:26 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。