売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年11月04日

近視手術

メガネやコンタクトレンズの最大の弱点といえば、「外すと見えない」ということになります。連続装用のコンタクトレンズには、まだまだ様々な問題があります。仕事によっては一定以上の裸眼視力を求められる人もいます。メガネで職業上問題があったり、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されたい人たちの興味は、近視の手術です。欧米では、さかんに行われており、日本でも普及しつつあります。
現在、近視の手術の主流はレーザー光線です。レーザー光線を使用して角膜を薄く削る手術です。これにも角膜の表面にレーザー光線を照明して削るPRkと、角膜表層にメスでフラップ(ふた)を作りそのフラップをめくって角膜実質にレーザー光線を照射して削り、角膜上皮を元に戻すというれーシックがあります。PRKに比べてれーシックは術後の痛みがほとんどなく回復も早いことから急速に普及し、アメリカでは、多くのスポーツ選手、潜水夫、消防士、警察官、俳優などがこの手術を受けています。
ただし近視の手術を受けるのはある程度のリスクを承知した上で手術を受けなければなりません。PRKで感染を起こして角膜移植が必要だった症例、レーシックでフラップが翌日に消失していて視力が戻らなかった症例など、手術を受けたが失明同然の状態になったトラブルもあります。成功しても夜の視力が落ちたり、しばらくして角膜が変形したり、朗がで結局メガネが必要だったり、見え方に満足できずハードレンズを処方しなければならなかったりと様々なトラブルが発生します。
レーシックのフラップは年数を経ても接着が完全でないともいわれており術後に大きなトラブルが起こることもあります。
PRKもレーシックもメリットデメリットがあります。
近視の術後も、予想していた視力が出せずに加齢変化が生じたりして低矯正、過矯正によりコンタクトレンズが必要になる場合もあります。
こういうケースの場合、角膜が手術によって変形しているためフィッティングが非常に困難になります。


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:14 | Comment(0) | コンタクトレンズの向き不向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。