【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年10月23日

眼科専門医の処方を受ける

半数以上の装用者がメガネ店・コンタクトレンズ量販店(リティラー)に隣接する診療所
で処方してもらい、そのメガネ店・コンタクトレンズ量販店で購入しています。しかし
メガネ店・コンタクトレンズ量販店(リティラー) に隣接する診療所の医師は眼科を
標榜していても、眼科医ではなく、内科、産婦人科、精神科など眼科以外の医師が
アルバイトでコンタクトレンズの処方をしているところが少なくありません。
常勤の医師すら眼科医でないこともあります。そのため処方に問題があることが
非常に多いのです。
眼障害を予防するには目の状態に合ったコンタクトレンズを処方し、適切な装用、
レンズケアを指導してくれる医師を選ぶこおtが大切です。
やはり眼科専門医のいる病院で処方してもらったほうが処方・指導のミスが少なく
安心です。




posted by コンタクトレンズトラブル at 17:13 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。