【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年10月19日

角膜血管新生

角膜血管新生とは?

角膜は透明で、血管のない組織です。その角膜に結膜、強膜から血管が侵入し角膜中央に向かって伸びる障害です。ソフトコンタクトレンズの装用者に多く見られます。
装用期間が長いほど、レンズ度数高い(レンズが厚い)ほど発生率が高くなります。

角膜血管新生の原因

角膜の慢性的な酸素不足です。レンズの酸素透過度、サイズ、厚さ、フィッティング装用時間、目の涙液量、ドライアイなどが関係しています。

角膜血管新生の自覚症状

ほとんどないのですが、角膜浸潤などの炎症を伴うときは異物感を自覚することがあります。

角膜血管新生の治療・対策

軽度の角膜血管新生(角膜輪郭部より2ミリ未満)の場合は、ソフトコンタクトレンズをガス透過性ハードコンタクトレンズに変更するだけで消失していきます。
どうしてもガス透過性ハードコンタクトレンズに変更できないという人の場合、サイズの小さなソフトコンタクトレンズ、または、毎日使い捨てソフトコンタクトレンズ、頻回交換ソフトコンタクトレンズに変更します。
角膜血管新生が顕著な場合は、できるだけコンタクトレンズの装用を休止します。通常、装用中止後、数週間〜数ヶ月で改善します。装用を中止できないときはガス透過性ハードコンタクトレンズ、毎日使い捨てソフトコンタクトレンズ、頻回交換ソフトコンタクトレンズに変更しますが、改善に非常に時間がかかります。






posted by コンタクトレンズトラブル at 17:22 | Comment(0) | コンタクトレンズ障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。