【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月28日

コンタクトレンズが原因のトラブル

コンタクトレンズを使用すると目の酸素不足になりがちなため 裸眼よりトラブルが起こりやすくなります。
コンタクトレンズを間違って使うと下のような トラブルが起きやすくなります。 コンタクトレンズを間違って使うことがないよう気を付けます。 基本は異常のサインを感じたらすぐに眼科を受診するようにします。

角膜障害…レンズを着けるとしみる、痛む

角膜にキズがついたり 細菌による炎症をおこした状態です。原因は、ドライアイ、間違ったレンズケア、長すぎる装用時間期限切れのレンズの使用など痛みや充血などの異常を感じ悪化すると視力が低下したり、潰瘍ができるだけでなく失明の心配も。角膜を保護する目薬と必要に応じて抗炎剤を使って治療し、完治するまでレンズの使用を控えます。

巨大乳頭結膜炎…目がかゆくなり、レンズがずれやすい

レンズに付着した たんぱく質が原因のアレルギー性結膜炎。上まぶたの裏にブツブツの乳頭ができかゆみを感じたり目やにが増えたりレンズが上にずれやすくなります。抗アレルギー剤を点眼し、レンズの装用を中止します。再開後改善しない場合は、症状がひどいときだけでも1日使い捨てのレンズにかえます。

ドライアイ…目が疲れる、熱っぽい、ゴロゴロする

角膜や結膜が乾く病気。コンタクトレンズの装用による涙不足のほか、パソコンの使用や外気の乾燥、、ストレスなどでまばたきが減少したときにも起こります。治療には人工涙液の点眼とドライアイを防ぐ生活改善が必要。レンズを外した後で40度の蒸しタオルを5分以上まぶたに当てるのも対策になります。




posted by コンタクトレンズトラブル at 18:51 | Comment(0) | コンタクトレンズのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。