【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月25日

老眼になってきたときはどうしたらよいですか?

年をとって近くの物が見えなくなることを「老眼」といいます。これは髪の毛がだんだんと白くなってきり、しわが出てきたりするのと同じで正規・近視・遠視にかかわらず誰にでも起こる老化現象のひとつです。
コンタクトレンズを使用している人が老眼になった場合にはどうしたらよいのか?こういった場合の対応としてはまずコンタクトレンズとメガネの併用が考えられます。両眼のコンタクトレンズの度数を遠方または近方にあわせ必要に応じてコンタクトレンズの上からメガネを使用します。1日のうちで遠方を長時間見ることが多い人はコンタクトレンズの度数を遠方用に合わせ、近方を見るときはコンタクトレンズの上から近方用に度数を合わせたメガネを使用します。近方を長時間見ることの多い人は逆になります。
次に遠方の視力を0.6〜0.9の中間距離に合わせ、遠くも近くもある程度見えるようにしておくという方法があります。
この方法で満足がいけばよいのですが、もし見え方に不自由を感じるようであれば、必要に応じてたとえば車を運転するときには遠用のメガネを、長時間読書するときには、近用のメガネを使用します。そして片眼のコンタクトレンズの度数を遠方にあわせ他眼のコンタクトレンズの度数を近方や中間距離に合わせる方法もありますが、片眼ず違う度数のコンタクトレンズを使用すると両眼で物場合にバランスが悪く感じたり、立体的な物の見え方が落ちてしまいます。
いずれの方法も長所・短所があり、慣れが必要となってきます。
これらの方法で満足のいく結果が得られないようであれば、遠近両用のコンタクトレンズの使用を考えますが、遠近両用のコンタクトレンズも万能ではありません。
メガネのようなかけ外しのわずらわしさはありませんが、遠くも近くもいくぶんぼやけた状態になりますし、また明るさいによって見え方が変化するといった問題もあります。どの方法がよいかは人にとって違います。いつくかの方法を試して自分にいちばん合ったものを使用しなければなりません。




posted by コンタクトレンズトラブル at 18:24 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。