激安コンタクトレンズ・ショップ

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月25日

近視を治すコンタクトレンズとはどんなものですか?

現在、一般的に知られている近視・遠視・乱視を治す方法としてメスによる切開やエキシマレーザーの照射によって黒目(角膜)の形状を変化させ、少しでも裸眼視力を向上させようという屈折矯正手術がありますが、最近、コンタクトレンズを装用することによって同様に角膜の形状を変化させて、近視や乱視を軽くしようというオルソケラトロジーという方法がマスコミに採り上げられるようになりました。
これは、角膜の形状に対してカーブのゆるいハードコンタクトレンズを装用することによって角膜扁平化させ、屈折力を弱めて裸眼視力を一時期的に向上させようというものです。屈折矯正手術に対して不安を抱く人には朗報ですが、いろいろと問題もあります。
軽度の近視には効果的ですが、中等度以上の近視に対しては満足のいく裸眼視力は得られませんし、個人差が大きく、その効果も安定していません。
また、恒久的な効果が得られるものではありませんし、視力の変動を伴うので車の運転など危険作業には不適切だと思われます。
現在、マスコミにこのオルソケラトレジーレンズのことが盛んに取りあげられていますが、これを紹介している医師の中にはコンタクトレンズに精通した眼科専門医でない場合が多く、誤った内容の記事も多いようです。
夜間の装用だけで、すなわち夜寝るときにこのレンズを装用して、朝起きたらレンズを外すという方法で、日中はレンズを装用しなくても良好な裸眼視力が得られる。
そして、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(食品医薬品局)がその安全性を認めている。とありますが、これを誤った内容です。FDAが認可しているのは日中の装用についてであって夜間の装用については認可をしていません。就寝時のコンタクトレンズの装用は角膜に対する負担が大きく、多くの問題があります。


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:53 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。