売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月23日

コンタクトレンズを外したときに見え方に変化があるのはなぜですか?

コンタクトレンズを外して物を見たときに、すりガラスを通して見るようにかすんで見えることがあります。
時間の経過と共に徐々に見え方がはっきりしてくる場合は、黒目(角膜)が酸素不足に陥っていることが原因です。
コンタクトレンズの使用時間が長い場合や、レンズの材質が酸素が十分に透過していない場合、レンズ汚れがひどい場合などが考えられます。また、これとは逆にコンタクトレンズを外したときの見え方が以前に比べてよく見えるようになることがあります。
とくに近視の人でハードコンタクトレンズを使用している人に多く見られます。これはハードコンタクトレンズの使用によって角膜の形状が変化して、近視や乱視が軽くなったことが原因です。こうした角膜形状変化を利用して、近視や乱視を軽くし少しでも裸眼視力を改善しようとする考え方はオルソケラトロジーといいますがその効果の程度と持続性(コンタクトレンズを外すと、もとの角膜形状に戻る)についてはまだ問題があり今後の研究が必要です。


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:46 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。