【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月23日

処方された コンタクトレンズは何かはっきり見えない気がするのですが…

新しく処方されたコンタクトレンズが視力検査で1.0以上見えるのになんとなくこれまで使用していたメガネやコンタクトレンズのほうがよく見えていたといわれる人がいます。
実際に新しく処方したコンタクトレンズがやや弱めの矯正であることもありますが、適正な度数のコンタクトレンズであるにもかかわらず見え方が悪いと自覚される場合の多くは、これまで使用していたメガネやコンタクトレンズの度数が強すぎていたことが考えられます。
つまりそれまでのメガネやコンタクトレンズが過矯正だったと思われます。
味覚と同じようにはじめに味付けの濃いものを味わうとその後にちょうどいよい味付けが薄味に感じるのと同じです。
しかしその味にもだんだん慣れてくるのと同じで適正な度数のコンタクトレンズであれば見え方にも慣れてきます。 ただどうしても慣れなくて、たとえば夜間に車を運転するのに見え方が悪くてコワイと自覚する場合には、コンタクトレンズの度を上げます。
コンタクトレンズの度が強すぎると遠くは見えますが、近くの見え方が少し悪くなります。若い人では目がピントを合わせるため、近くの見え方にあまり不自由しないかもしれませんが、長時間近くを見続けると目が疲労しやくなります。
適正な度のコンタクトレンズは遠くも近くもよく見え疲れないのです。


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:30 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。