【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月23日

カラコンを使用したいのですが何か問題はありますか?

コンタクトレンズは主に近視や遠視、乱視などの屈折異常を治療するための医療用具で単におしゃれを目的として装用するもんではありません。
なぜならコンタクトレンズは目にとって異物であるからです。異物であるために適切に処方されたものを正しく装用しなければトラブルが生じます。
若者を中心として人気のあるカラコンはいくつかの問題があります。まずコンタクトレンズに人工的な着色が施されているという点です。製品によってはこの着色の方法が問題で黒目(角膜)に障害を起こしやすいという報告があります。また着色されたレンズでは付着した汚れがはっきりとわからないため、汚れがきちんと落ちたかどうかの確認がとれません。こうしたレンズの汚れにより、眼障害が起こりやすくなります。さらにカラーコンタクトレンズには多くの規格(サイズ、カーブ、デザイン、厚み)がないため目に合わないレンズをむりに装用している人もいます。これらのことから通常のコンタクトレンズより眼障害の発生率は高くなっています。カラコンを希望の方は、十分なケアを行い、無理な装用をしないように心がけます。
できればカラーコンタクトレンズの装用をなるべく短くして、他のコンタクトレンズあるいは、メガネとの併用をオススメします。


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:15 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。