【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月21日

コンタクトレンズの連続装用をしたいのですが…

コンタクトレンズを装用したまま寝ることを、一般に連続装用といいます。
目が覚めたときから物が見え、入れたり外したりする手間とレンズケアをしなくてもいいというメリットがあります。
黒目(角膜)は十分な酸素を必要としますが、空気中から多くの酸素を取り入れています。したがって目が開いているときはよいのですが、目を閉じると外からの酸素が取り入れられなくなります。またコンタクトレンズが角膜の上にのると、コンタクトレンズが100%酸素を透過するわけではないので取り込まれた酸素の量は減少します。
コンタクトレンズが連続装用できるようになったのは、酸素を十分に透過する材質のコンタクトレンズが開発されたからです。残念ながらまったくトラブルなく連続装用できるほどの材質ではありません。十分に注意しながら使用しないと酸素不足による、目の障害を生じます。また酸素不足の問題だけでなく、コンタクトレンズが汚れてくることも問題です。
目の中には口や鼻、耳の中と同じようにいろいろな分泌物がでるため、目の中に入れたレンズは汚れてきます。さらに外からのごみなどもレンズに付着します。
下着や靴下を何日も替えずに使用するのと同じで入れっぱなしは不潔です。
汚れたコンタクトレンズを使用すると、いろいろな目の障害が起こります。レンズを清潔に保つためにも、レンズは毎日外してキレイにケアをしたほうがよいでしょう。
さらにコンタクトレンズを長時間装用すると目が乾いたり、角膜の症状が変化することがあります。目の安全を考えると連続装用はすすめられません。




posted by コンタクトレンズトラブル at 17:27 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。