売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月09日

コンタクトレンズを安売りしているクリニックはどうしてあれほど安いのですか?

コンタクトレンズの広告を見ると、大幅な安売りをしているものが目立ちます。商品を大量に仕入れて販売すれば安く納入できるのと同じように、コンタクトレンズを多く取り扱う販売店では、安くレンズを仕入れているのでレンズの価格が下げられるのです。
たしかにコンタクトレンズを使用する人たちにとっては、同じレンズであれば少しでも安く買えたほうがいいわけです。しかしここで注意するのは、コンタクトレンズは単なる生活用品ではなく、目の中に入れる医療用具であるということです。
適切なレンズを入れないと目の調子が悪くなります。そのためには信頼のおける眼科専門医に目にあったコンタクトレンズを処方してもらい、正しい取り扱い方法や使用時の注意などを受ける必要があります。
処方する医師にはコンタクトレンズに関する十分な知識に加えて豊富な経験が求められます。最近、メガネ店など営利企業に隣接した眼科では、その医療上の問題が問われています。
無資格者による安易な説明と検査、コンタクトレンズに精通していない医師、なかには眼科でない他科の医師による診察が行われています。
また、患者が希望したコンタクトレンズとは異なる、販売店にとって利益の多いコンタクトレンズを買わされたというケースも耳にします。こうしたクリニックで処方されたコンタクトレンズで調子が悪くなり、十分な対応をしてもらえないために、他の専門医を受診しているケースが多いことも事実です。コンタクトレンズトラブルがなく、よく見えて、快適に使用できることが第一です。

安心できるコンタクトレンズ販売店と眼科医の見分け方

医師の診察
安心できる眼科診療所と販売所
好ましくない眼科診療所と販売所
目の障害に対する
治療と説明
・眼科専門医が診察している
・管理医師がほtんど常駐している。
・眼科以外(内科)などの
医師が診察している。
・アルバイトの医師が
交代で診察している。
装用指導と
定期検査
・眼科のスタッフがレンズの
はめ方、外し方を実際に指導してくれる。
・目の障害の早期発見を重要視する。
・適切なレンズケアを
指導しない。
・定期検査をすすめない。
レンズの選び方
・本人の希望を聞いてくれる。
・医師が目の状態に合ったレンズを説明してすすめる
・医師が最近のコンタクトレンズについて知識がない。
・本人の希望より販売所に
とって好都合のレンズをすすめる。
レンズの販売
・眼科医の処方箋にしたがってレンズを販売する。
・眼科医に行かなくてもよいと説明する。販売店で医師以外が検査して販売する。
レンズの価格
・医療用具として性能のよいレンズを販売する。
・安く購入できるレンズを大量に仕入れてディスカウント価格で販売する。
レンズの返品
・レンズが目にあわないという医師の診断があったり
本人の希望であれば3ヶ月以内の返品が可能
・たとえレンズが目に合っていなくても返品ができない
(メーカーに返品をしない契約で安く仕入れている)
・半年から1年間、レンズのレンタルをしている(他人が使っていたレンズを目に入れることになる)


posted by コンタクトレンズトラブル at 17:51 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。