【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月02日

いろいろな種類のコンタクトレンズの中からどれを選べばいいですか

コンタクトレンズにはたくさんの種類があり悩んでしまいますが理想はやはり
  • 良好な視力
  • 異物感が少ない
  • 安全
  • 耐久性に優れている
  • ケアが簡単
  • ケア用品が安い
ということになります。
実際には見え方、職業、レンズケア、経済性などからできるだけ要望のレンズを選びたいと思いますが、目の状態が最優先されます。
たとえば、検査して強度の乱視や不正乱視がわかった人は、使い捨てコンタクトレンズを希望されても十分な視力が得られませんので、ハードコンタクトレンズや乱視矯正用のソフトコンタクトレンズをオススメします。
またアレルギー性結膜炎のある人は従来型のソフトコンタクトレンズよりも、使い捨てのソフトコンタクトレンズや頻回交換型のソフトコンタクトレンズ、あるいはハードコンタクトレンズが適します。
希望したコンタクトレンズを実際に目入れてみてもそのコンタクトレンズがうまくフィットしない場合は、他の異なるコンタクトレンズを選びます。これらのことを眼科医ならびにスタッフがくわしく説明しますので、あとは、自分で判断します。
「コンタクトレンズがあって、合わせる目がある」のではなく「まずは目がありその目に合ったコンタクトレンズを選ばなければならない」ことを十分に理解します。

理想のコンタクトレンズの条件(まとめ)

  • よく見える
  • 異物感がない
  • 安全である
  • 寿命が長い
  • ケアが簡単である
  • 安い




posted by コンタクトレンズトラブル at 18:13 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。