【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年09月02日

眼科での問診の内容を教えてください。

どういう目的でコンタクトレンズを使用するか?がポイントとなります。

●メガネでは見えにくい
●右目と左目の度数が違うので頭が痛くなる
●メガネではくもる
●美容上困る
●スポーツができないからコンタクトを使用したい。
などです。次にコンタクトレンズをどうどう使用したいのか、寝ているときもコンタクトレンズを装用したままで過ごす連続装用をしたいのか?を聞きます。
そのほかにこれまでに目の病気をしたことがあるか?目の手術をしたことがあるか?アレルギーがあるか?などを聞きます。
さらに仕事の内容についても質問します。エアコンのきいたオフィスで1日中パソコンを使用する人ではドライアイの対策などを考えなくてはいけません。
またタクシー運転手などのようにできるだけ遠くが見えたほうがよい人と、事務仕事が多く、どちらかというと中間距離や手元が見えたほうがよい人とでは、コンタクトレンズの度数の選び方がちがいます。
またコンタクトレンズは原則としてケアを必要としますがそのケアができるかどうかを聞き、もしできないようであれば使い捨てタイプのものをすすめます。コンタクトレンズのケアはそれぞれレンズの種類や製品によって異なり、ケアの簡単なものとそうでないものがあります。
次にコンタクトレンズを経験された人で眼科をはじめて受診された人には、これまで使用されていたコンタクトレンズの種類とケア方法を聞きます。また使用中にトラブルがなかったか?合った場合はどのような症状だったか?を聞きます。
なお、眼科ではこれらの内容についてい「問診票」をお渡しし、記入していただいています。
最後にお金の問題ですがどの程度、費用をかけられるか?ということも重要です。
この場合、大事なこととしては、コンタクトレンズの代金だけでなくケア用品を含めた金額を考えなくてはなりません。たとえば…使い捨てコンタクトレンズのタイプは年間計算をするとレンズ代は高額になりますがケア用品代はまったくかかりません。一方ハードコンタクトレンズは酸素を透過する程度によってソフトコンタクトレンズでは、水分を含む程度などによってレンズの金額は異なります。使い捨てでないレンズはすべてケアを要し、ケア用品代も年間計算すると高額になります。




posted by コンタクトレンズトラブル at 17:10 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。