【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年08月31日

コンタクトレンズ装用に向く人、向かない人

強い近視・遠視、乱視ではメガネよりコンタクトレンズのほうが矯正効果が高いことが多く、メガネでは矯正できない不正乱視では
コンタクトレンズのほが優れています。
また、メガネで矯正した場合、左右のレンズの度の違いによって見える像の大きさが異なる場合、
コンタクトレンズを使用すると像の大きさの左右の差がほとんどなくなります。
さらに職業上メガネが使用できない人にもコンタクトレンズは有効です。たとえば…
舞台に立つ仕事をしている人
メガネではくもってしまって困る人
調理師の仕事をしている人
などです。スポーツでも激しいスポーツを行う選手などはコンタクトレンズが必要になります。
こうしてみるとコンタクトレンズのメリット・有効性などが目立ちますが…
全ての人がコンタクトレンズを使用できるわけではありません。
目に病気(結膜炎・角膜炎など)のある人や、涙の分泌量の少ない人などには
コンタクトレンズの使用が難しいケースがあります。
コンタクトレンズは着脱や洗浄・消毒などの手入れをしなければならないので
不精な人、手指ひや爪を清潔にしていない人、清潔にできない人には適しません。
また指示された正しい使用法を守ることができない人には
非常に危険です。また神経質でどうしてもコンタクトレンズを目に入れられない人にも向きません。

コンタクトレンズに不向きな人

●コンタクトレンズを使用して視力が出ない人
●結膜炎・角膜炎・慢性涙嚢炎などの眼疾患がある人
●涙の分泌量の少ない人
●コンタクトレンズの管理などができないルーズな人
● 規則正しい装用ができない人
●コンタクトレンズそのものに関心がない人

コンタクトレンズのメリット・デメリット

コンタクトレンズのメリットコンタクトレンズのデメリット
・物の大きさが変わったりゆがんだりしない
・視野が広く、周辺部がひずまない
・激しいスポーツでも装用できる
・美容上メガネより優れている。
・トラブルが起きる可能性がある。
・アレルギー症などの結膜炎やドライアイ、角膜に障害がある場合などは装用できない
・取り外しが面倒
・使い捨てレンズ(ディスポーザブルレンズ)意外のコンタクトレンズは手入れが必要
・定期検査が必要

コンタクトレンズ・カラコンの装用に向いている人

強い近視・遠視、乱視ではメガネよりコンタクトレンズのほうが矯正効果が高いことが多く、メガネでは矯正できない不正乱視不正乱視不正乱視では
コンタクトレンズのほが優れています。
また、メガネで矯正した場合、左右のレンズの度の違いによって見える像の大きさが異なる場合、
コンタクトレンズを使用すると像の大きさの左右の差がほとんどなくなります。
さらに職業上メガネが使用できない人にもコンタクトレンズは有効です。たとえば…
舞台に立つ仕事をしている人
メガネではくもってしまって困る人
調理師の仕事をしている人
などです。スポーツでも激しいスポーツを行う選手などはコンタクトレンズが必要になります。
こうしてみるとコンタクトレンズのメリット・有効性などが目立ちますが…
全ての人がコンタクトレンズを使用できるわけではありません。
目に病気(結膜炎・角膜炎など)のある人や、涙の分泌量の少ない人などには
コンタクトレンズの使用が難しいケースがあります。
コンタクトレンズは着脱や洗浄・消毒などの手入れをしなければならないので
不精な人、手指ひや爪を清潔にしていない人、清潔にできない人には適しません。
また指示された正しい使用法を守ることができない人には
非常に危険です。また神経質でどうしてもコンタクトレンズを目に入れられない人にも向きません。

メガネのメリット・デメリット

メガネのメリットメガネのデメリット
・結膜炎や角膜に障害があっても装用できる
・かけはずしが簡単
・手入れが容易
・メガネをかけると近視では物が小さく、遠視では物が大きく見える
・強い近視や遠視、乱視では十分な矯正視力が得られないことがある
・周辺部がひずんだり、フレーム部分の視野が狭くなる
・近視や遠視の度数が左右で差が大きいと、物の大きさが違って見える
・スポーツには不向き
・雨・湯気などでメガネが曇る


コンタクトレンズ・カラコンなどは自分の目に適しているかどうかを正確に診断することからはじまります。自分で判断できない場合には、眼科医などで診断してもらいましょう。
コンタクトレンズトラブルを重症化させない一番の近道は眼科医の診断を受けることでもあります。





posted by コンタクトレンズトラブル at 17:12 | Comment(0) | コンタクトレンズQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。