【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年08月26日

よくあるコンタクトレンズの5つの誤解と間違い

乱視と近視がある場合、使い捨てコンタクトレンズは使用できるのか?

以前は、ソフトコンタクトレンズは乱視には不向きでした。現在では優れた性能を持つ乱視用のソフトコンタクトレンズが数多く販売されています。
乱視用のソフトコンタクトレンズは、近視度数と乱視度数(円柱度数)、2種類の度の組み合わせでレンズ度数を設定しているので、乱視と近視の両方が入っている状態の目でも装用することが可能です。乱視の視力矯正を正しく行なうためには、それぞれの度数に加えて乱視の角度の検査など、より細かい部分での検査と専門知識を持った眼科医による正しい処方が必要になってきますので、検査時には、見え方などについて眼科医の先生によく相談し、自分の目に最適なレンズを選ぶようにしましょう。

度数やベースカーブ(レンズ内側のカーブ)が同じなら見え方は同じでしょう?

コンタクトレンズは、パッケージに表示されている直径やベースカーブ・度数などの数値が同じでも、素材や製法・レンズデザインなどが異なるとフィッティングや見え方に違いが出てきます。また合う、合わないは現物を装用てみないとわかりません。
コンタクトレンズの数値は靴や洋服などと同じように規格化されているわけではないのです。他メーカーのレンズに変える場合はもちろん、同じメーカーの製品でもレンズの種類を変更すると、度数の段階が変わってくるケースもありますし、乱視用ソフトレンズの場合は、目の中で回転しにくい、回転しやすいなどの特性がメーカーや製品の種類によって異なるため、屈折矯正の度数は合っていたとしてもレンズの回転によって乱視の角度にズレが生じ、乱視が正しく矯正されなくなってしまうこともあります。このような、理由から度数が合わなくなってきたら改めて眼科医による検査と処方を受けましょう。定期的な検査はこういったことから重要とされています。

含水率や酸素透過性の数値が高ければいい製品なの?

コンタクトレンズの含水率や酸素透過性はそのレンズの性能を考える上ではやはり重要なポイントです。しかし、含水率や酸素透過性の数値は、未加工状態の素材としての特性を表すもので、実際の製品としてコンタクトレンズの形になった時の性能を表すものではありません。そのため、コンタクトレンズ装用時に供給される酸素の量は素材の特性で決まるものではなく、レンズの厚さやデザインです。 コンタクトレンズを選ぶ際には、含水率や酸素透過性だけでなく、レンズデザインや汚れの付きにくさ、また実際に目につけてみたときの装用感や取扱いのしやすいなど、あらゆる面でバランスの取れたレンズを選ぶことが大事になります。

2week(ツーウィーク/2週間)レンズを一日おきに使用すれば1ヶ月間使えるのでは?

1日置きに2week(ツーウィーク)のコンタクトレンズを装用すれば計算上は2週間分、で14回にないr約1ヶ月になりますが、それは間違いです。。2week(ツーウィーク)レンズのWeekは使う回数ではなく期間を表し、ブリスターパックを「開封して」から経過時間です。そのため、途中で使わない日があったとしても、初めて開封して装着した日から2週間 (14日間)で交換する必要があります。こういった使い方はトラブルの原因になるので絶対行ってはいけません。

コンタクトレンズは目の裏側に入って取れなくなることがあるの?

人間の目の奥は袋状の行き止まりのため、構造上レンズが眼の真裏に行くような事まずありません。また眼科医の処方を受け、目に正しく合ったレンズを装用していれば、通常の使用でレンズが頻繁にずれて困るようなこともありません。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズどちらが目にやさしい?

ハードコンタクトレンズはかたいというイメージから目を傷つけやすく、トラブルも頻繁では?と誤解されます。
しかし、実際はソフトコンタクトレンズの方が重篤なトラブルが多く、ハードコンタクトレンズを使用している方が目の傷や炎症にも気がつきやすく、重篤なトラブルになりにくくなります。

酸素透過度が高いハードコンタクトレンズほど目にやさしい!?

酸素透過度が高いハードコンタクトレンズほど目にやさしいというのは間違いです。確かに酸素を多くとりこめると目の負担は減りますが、酸素透過度が高いほどハードコンタクトレンズに汚れが付着しやすくなります。汚れが付着すると酸素透過性も低下します。汚れはコンタクトレンズ眼障害の原因となります。目やになどの分泌物が多い人、レンズが汚れやすい人にとっては、汚れやすい酸素透過性の高いハードコンタクトレンズは、逆に目の負担になります。

使い捨てソフトコンタクトレンズは安全!?

コンタクトレンズによる眼障害は年々増加傾向にあり、年間100万件以上発生しているといわれています。
コンタクトレンズを装用している人の7.4%(1年間の眼障害発生率)に装用中止を必要とする眼障害が発生していると報告されています。そのうち使い捨てソフトコンタクトレンズ(頻回(2週間)ソフトコンタクトレンズを含む)による眼障害が半数を占めています。使い捨てソフトコンタクトレンズ(頻回(2週間)交換ソフトコンタクトレンズを含む)といえども決して安全とはいえません。また1日使い捨てソフトコンタクトレンズ装用者でも重篤な眼障害が多数報告されています。




posted by コンタクトレンズトラブル at 18:13 | Comment(0) | コンタクトレンズのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。