売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年07月20日

使い捨てコンタクトのトラブル〔角膜新生血管〕

角膜(黒目)には血管がないため、栄養分は内側から、酸素は空気から涙を介して取り込んでいます。コンタクトレンズを使用して角膜が酸素不足になると、角膜の周囲から中央に向けて血管が侵入してきます。これを角膜新生血管と呼びます。
角膜内に血管が侵入するということは、ハードコンタクトレンズではあまり見られません。
ハードコンタクトレンズよりソフトコンタクトレンズのほうが角膜を覆う面積が大きいためにこの状態が起こりやすく、特に酸素透過性が低いレンズを長時間装用することはよくありません。

この症状が、俗に赤目といわれる角膜新生血管(角膜新生血管)、
角膜内血管侵入(かくまくないけっかんしんにゅう)です。

充血を改善するために目薬を使うと、血管が収縮して一時的に良くはなりますが、
収縮したことで、さらに酸素や栄養の届きが悪くなり、また血管が伸びる、と言う悪循環に陥ります。

充血をおさえるために目薬での対処よりコンタクトレンズ装着時間を短縮するなどコンタクトの使い方を見直します。
血管の侵入が著しい場合には、酸素透過性のよいレンズやハードコンタクトレンズに変更するか、眼鏡に変更します。

posted by コンタクトレンズトラブル at 16:55 | Comment(0) | 使い捨てコンタクトトラブル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。