売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。

【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年07月20日

使い捨てコンタクトのトラブル〔角膜潰瘍〕

角膜潰瘍は、角膜(黒目)の表面の皮がめくれ(角膜びらん)、角膜実質がむき出しになるだけでなく、角膜実質が傷んでいる状態です。
角膜上皮を越えて実質にまで深い傷ができている状態となります。
原因は感染、免疫反応、外傷や薬品などがありますが、角膜の病気としてはかなり重症で、すぐに治療を行います。
病気が進行すると、たとえ治癒しても瘢痕(はんこん)ができて視力が出ないだけでなく、最悪の場合、角膜に穴が開いて眼球の中身が外に出てしまったり、逆に細菌などが眼球の中に入って失明してしまいます。

角膜浸潤や角膜潰瘍は、コンタクトレンズ障害の中でも最も重く、ときには失明につながります。特に角膜潰瘍は、傷が治っても角膜が白く濁り、視力が著しく低下します。

また、感染を合併したときは非常に危険になります。感染性の角膜潰瘍は、ほとんどが使い捨てコンタクトレンズを装用している人に起こります。

角膜潰瘍の原因は多くの場合、軽度な角膜上皮障害→角膜上皮びらん→角膜浸潤→角膜潰瘍と悪化をたどります。
コンタクトレンズの機械的刺激、酸素不足により、角膜上皮のバリア機能が破綻し、傷が生じ、それが進行し、炎症を合併します。細菌、真菌(カビ)、アカントアメーバなどの感染によってさらに悪化します。初期の段階で対策・治療などを行います。

角膜浸潤、角膜潰瘍の発症にはレンズの汚れ、変形、フィッティング、装用時間、連続装用、ドライアイ、アレルギーなど様々な原因が影響しています。
治療と対策でまず重要なことは、コンタクトレンズの装用を中止します。感染が疑われる場合は、原因菌を調べる検査をします。目の分泌物のほか、感染経路を調べるためにレンズ、レンズケースも検査します。

原因菌を特定できたときはその菌に有効な抗生物質を、特定できないときは一般的な抗生物質を点眼したり、眼軟膏を使用し、必要に応じて内服薬を併用します。

治っても、そのままコンタクトレンズの装用を再開するのは危険です。原因をはっきりさせて、その対策を講じないと再発します。原因に応じて連続装用の中止、装用時間の短縮、適正なフィッティングのレンズ変更、適切なレンズケアの実施などの対策を行います。

posted by コンタクトレンズトラブル at 16:44 | Comment(0) | 使い捨てコンタクトトラブル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売れ筋リピートNo.1「クーパービジョン」のコンタクトレンズが処方箋不要でネットで簡単楽に通販できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。