【お知らせ】『使い捨てコンタクト、カラコンのトラブルを防ぐ』http://contact-search.seesaa.net/は、 URLが変更になりました。 新URLはhttp://contacttrouble-guide.net/です。 今後ともよろしくお願いたします。
2009年04月20日

使い捨てコンタクトレンズの注意事項

使い捨てコンタクトレンズを使用するにあたって
これだけは守って!!という注意事項

・コンタクトレンズのケアは毎日

1日使い捨てコンタクトレンズの場合、ケアは不要です。
水道水・ミネラルウォーターなどを使用してコンタクトレンズを洗浄してはいけません!!
水道水を保存液として使用することは大変に危険です。
水道水には、塩素の他にも角膜に害を及ぼす「アカントアメーバ」などの細菌が混ざっている場合があります。

・コンタクトレンズの使用期限を必ず守る

使い捨てコンタクトレンズやカラーコンタクトレンズは、一般的に
長期間の使用を想定していません。
装用期間を過ぎて使い続けると、目に様々なトラブルを起こす可能性が高まります。

レンズの損傷や汚れは、目に見えないものがほとんどです。
コンタクトレンズの使用期限をオーバーしての使用は
角膜に傷がつきます。

また、損傷したレンズの使用は、目に細菌感染が起きることもあります。
これらのトラブルを防ぐためには
使い捨てコンタクトレンズやカラーコンタクトレンズは、きちんと定められた装用期間を守ることが大切になります。

・使い捨てコンタクトレンズを装用したままの睡眠

正常な目は、瞬きを行うことによって新しい涙が出て酸素の運搬・供給がスムーズに行われませす。
ところが、コンタクトレンズを装用したまま眠ってしまった場合、これらの供給がストップしてしまい、涙の交換率が減って、やがて酸素が運ばれなくなってしまいます。

この状態は、目にとって非常に危険です。
通常の目の働きが妨げられ、目の状態は悪化する一方になります。眠る時は、必ずコンタクトレンズを外すよう心がけましょう。

・使い捨てコンタクトレンズの装脱着時について

つけ爪や長爪をしたままコンタクトレンズの装脱をすると、コンタクトレンズの装脱が不便であることはもちろん、
目に傷をつけてしまう可能性もあります。

特に怖いのは、爪の中の細菌が目に侵入してしまう
危険性です。保存液や消毒液をつけて消毒していても、装脱する手や指が汚かったら、どんなにコンタクトレンズが清潔でも全く意味がありません。
コンタクトレンズの装脱時には、手や指を清潔にすることはもちろん、爪の管理もきちんとすることが大切です。


ボシュロム メダリスト IIは、レンズが歪みにくく形をしっかり保つ先進のレンズデザインを採用。ウォーターリッチで汚れがつきにくい非イオン性素材だから瞳にすっとなじみ快適さが1日中続きます。







ボシュロムメダリスト II 6箱パック(9ヶ月分)+ケア用品120ml・6本
11,970円






posted by コンタクトレンズトラブル at 11:16 | Comment(0) | 使い捨てコンタクトの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。